2008年06月20日

八茶坊(嘉手納)

charsyu_shio_zen_8sabou_k.jpg八茶坊は、コザにもあるんだけど今回紹介するのは暖簾分けの嘉手納にある方の店。両店の店主が幼なじみで30数年前に1年程修行したのちにこの店を開店したようだ。沖縄ではかなりの老舗と言ってもいいだろうと思う。以前紹介した日本蕎麦工房せい家のすぐ近くだ。北部へ行く途中のランチをここで取ることに。

in_menu_8sabou_k.jpg店内には片側7席づつのL字型カウンターと4人用の座卓が2つある座敷がカウンター後方に1つづつある。メニューはコザの八茶坊とは違い、よりラーメン屋らしい感じ。基本の塩、醤油、味噌とそのバリエーションと餃子位に、季節ものの冷やし中華位と極めてシンプル。今回は塩チャーシューを注文してみることに。餃子も300円と安いと思ったのだけど、このあと北部へ行くこともあり我慢。でもあとで、ここのはなかなか美味いらしいと聞いてちょっと残念だったかも。

charsyu_shio_8sabou_k.jpg

これがチャーシュー麺の塩650円。はみ出さんばかりのチャーシューがなかなか見事だ。ヒゲが取ってないのはちょっとアレだけど、こんもりと盛りつけられたもやし共々、なかなかいい感じに見える。

charsyu_shio_z_8sabou_k.jpg charsyu_z_8sabou_k.jpg

まずはスープを。やや甘味のあるあっさりとした、タンメン風味もある塩味。やや太目な中太麺は、柔らかめだけど、なめらかな食感で、スープとの相性も悪くない。味噌とかの方がさらによさそうな感じだ。大ぶりで厚目のチャーシューは、見た目はトロトロ系だけど、実際はサクッとしていると言うか、やや旨味が抜けたパサついたような感じもある。spice_8sabou_k.jpgスープと一緒に食べるとかなりよくなるかな。脂の部分がもう少し多いとかなり違った食感になりそうではある。具は外にはもやしとネギだけのシンプルさ。スタンダードなラーメンは、もやしとネギだけのトッピングかもしれないな。ヒゲが取ってないけど、もやしはシャキシャキっと食感もよくてなかなかいい感じだ。醤油と塩はあっさりだけど、味噌は、かなりこってりらしい。この麺ならかなり合いそうだし、次回は餃子も食べてみたいものだ。名前はコザの八茶坊と同じだけど、ラーメンは全く別ものだね。

fasard_8sabou_k.jpgラーメン・餃子専門店 八茶坊
住所:沖縄県嘉手納町字嘉手納302-1
電話:098-956-6519
営業:11:30位-03:00
休み_


がじゅまる沖縄健康家族

行率のできるラーメン店の味がここに集結


riolog.jpg

人気blogランキングf

posted by rio at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘉手納町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック