2008年06月28日

遊食屋 さーふーふー

unhina_tantan_zen_safufu.jpgさーふーふーは、北中城村の中村家近くにあるそば屋。経営は同じだけど、その前は居酒屋で、前回は昼のそばだけだったのが、今回行ったら夜は居酒屋になっていて、利用するシーンが増えたみたいだ。外から見ると大きなプレハブっぽかったりするんだけど、店内は天井が高い古民家風で、天井も高く広々としていて雰囲気がとても落ち着いていい感じだ。
in_safufu.jpg menu2_safufu.jpg

ここに来るのは1年半ぶりだけど、前回に比べるとメニューがちょっと増えている。
特大ソーキ・軟骨・三枚肉の載った護佐丸そばやすばゲッティなんてのもあるけど、定食類も追加されているのは夜も居酒屋をやるようになったから出来たのかも。銀ダラやてびちの煮付定食や、紅豚丼まである。護佐丸そばや、紅豚丼にも大いに心惹かれるのだけど、紅豚丼はちと高いし、ちょっと変わったとこでうちなー担々麺を注文してみた。

unhina_tantan_safufu.jpg

これがうちなー担々麺の中600円(大は700円)。まぜそばみたいなのを期待してたので汁そばだったのでちょっと意外だったけど、考えたらこの方が普通ではあるな。中でもなかなかボリュームがありそうな感じだ。unhina_tantan_z_safufu.jpg具は、ピリ辛の挽き肉と薄焼き卵にネギとシンプル。まずは挽き肉を混ぜないでスープを味わってみる。ベースは思ったよりあっさりとした味。やや縮れのあるツルツルでプリっとした麺は、コシもある。ざらっとした食感の麺の方が好きなんだけど、こう言うのもいいね。さてピリ辛挽き肉をスープと混ぜてみる。それほど辛くはなくて、程よい感じのピリ辛さかな。結構するするっと胃の中へ。

nakagusuku_jou_safufu.jpgメニューを見ると銀ダラの煮付定食って1,500円もするのに気づいた。紅豚より高いんだけど、ここでそれだけの値段をつけるってことは、それだけ美味いってことなのかな?ちょっと気になったりするする。外に出てクルマに乗ろうとしたら、店の横に階段があって中城城が見えるとあるので登ってみた。その先にも道があるので歩いていったら、なんだ喜友の入口に続いているのか。
前回のさーふーふーの三枚肉そばの記事

fasard_safufu.jpg遊食屋 さーふーふー
住所:〒901-2914 中頭郡北中城村字大城150番地 電話:098-935-53763
営業:11:30-17:00(そば・cafe)17:00-24:00(居酒屋)
定休:火

rios_selection.jpg
私のおすすめのブックコレクションや手元に置いておきたいDVDのコレクションをアマゾンでどうぞ。

楽天生そば部門ランキング第二位。創業50年沖縄そばの老舗「知念製麺所」の【本格】ソーキそば。たっぷりの5人分、ダシも2種類から選択可。こーれーぐーすとカマボコ付き。

行率のできるラーメン店の味がここに集結


riolog.jpg

人気blogランキングf

posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北中城村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック