2008年06月29日

串焼屋 勝ちん

bara_kachin.jpg勝ちんは、モノレール安里駅から真和志方向へしばらく歩いたところにある炭焼焼き鳥屋。前から美味いと聞いていたので、栄町の屋台祭りのあとで捜して行ってみた。道沿いにあるので迷うこともなくすぐ分かった。この周辺には、二八や炭焼ちんあだんなど美味い焼き鳥屋も多い。


店内

カウンター席が6つ程に、4人用座卓が3つの座敷があるこぢんまりとした店だけど、人気の店らしくお客さんで一杯だ。カウンターに空きが1つ見つかったのはラッキーだったかも。ガラスケースを覗くと種類は余りないのは、すでに夜も遅いので売り切れなんだろう。寡黙な感じに最初は見えた大将に、あれこれとオーダーを通す。

all_kachin.jpg

lettuce_kachin.jpg最初に出てきたのは、やや濃い目のドレッシングのかかったレタスの小鉢。キャベツはよくあるけど、レタスはちょっと珍しい。なかなかボリュームもあって、口直しと言うよりこれだけで1品になりそうだ。注文したのは、牛ロース、砂肝、つくね、豚バラ、正肉だったんだけど、写真下中の巻いたようなのは何だったのかな?全部塩でお願いしたつもりだったけど、つくねはともかく牛もバラも甘辛いタレ。味的にはまぁ、平均かなと思うけど、全体的に沖縄の焼き鳥屋の多くに見られるやや火が強いスタイル。私の好みは、外はカリッで、中はジューシーで塩は弱めなので、やや違うかな。

kachin_all_kachin.jpg

が、ここは味より、大将とお客さんがなんとも楽しい。最初は無愛想な感じにも見えた大将の勝ちん(名前じゃなくて名字が勝連だからみたい)は、話してみるととてもお茶目だ。野球のファンらしく、チームもあり野球選手らしき方の色紙もある。開店して20年になると言うから沖縄では結構な老舗だ。奥さんも寡黙なんだけど、フレンドリーで、おかみとプリントされたエプロンも可愛らしいぞ。隣りで一緒になった常連らしき御夫婦との会話も盛り上がったし、楽しいひと時だ。この店は串焼きの味だけじゃ計れないな。それでも次回来た時は、気持ち、焼きを少なめにと控えめに勝ちんに言ってみよう。

fasard_kachin.jpg串焼屋 勝ちん
住所:那覇市壺屋2-13-14-1F
電話:098-833-1757
営業:19:00-01:00
定休:日

rios_selection.jpg
私のおすすめのブックコレクションや手元に置いておきたいDVDのコレクションをアマゾンでどうぞ。

沖縄モズク入り特製飼料で育てた、霜降り豚肉【美ら海豚(ちゅらうみとしゃぶ・焼肉用 )】しゃぶしゃぶセット。他に上ロース(霜降り)、バラ(三枚肉)、もも肉などもあり。/沖縄県保健食品開発協同組合理事販売店・がじゅまる沖縄健康家族

行率のできるラーメン店の味がここに集結


riolog.jpg

人気blogランキングf



posted by rio at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック