2008年07月06日

たつぞうのまぜそば3

mazes_charnegi_zen_tatsuzou.jpg最近、まぜそばや冷し麺を自作するんだけど、チャーシューや味玉なんかの具材は、なんとかなるものの麺が問題だ。沖縄そばの麺は巷に溢れているのに中華麺ときたらサン食品かグリコの細麺位しか見当たらない。同じくかん水を使うからと言っても沖縄そばの麺じゃ全然味が違うんだよね。ってこともあって、たつぞうのあえそばを食べたくなって出向いてみた。

080706_04tatsuzo_gg.jpgそれにしても今日も暑い。店の中に入ってもまだ暑い位。この暑さはラーメンには敵ですねぇと、大将が言うけど、確かに余程のラーメンフリークじゃないと熱々のラーメンはちょっと厳しいかもしれないなぁと思ったりもするけど、暑い時こそ熱いものが身体にはよかったりするんだよね。と言いつつも今日は、まぜそば。今回はチャーシュー、にんにくチップに日替りの芽ネギで。追加トッピングは各50円なのは注文しやすいよね。

mazes_charnegi_tatsuzou.jpg

これが、チャーシュー、にんにくチップに日替りの芽ネギ増量のまぜそば700円。にんにくチップは、別皿にチップと刻みにんにくが盛られてきたのを自分でトッピングしたもの。麺が全く見えない程盛りだくさんだ。早速、下から麺を掘り起こしていただく。うーん、やっぱりこの麺は美味い。タレの絡みもとてもいい。いつもより塩が強めな感じで、具を混ぜ合わせるとよくなるはずと思ったけど、ややきつめかな。暑いから強めにしているのかもしれない。今日の味玉は、白身がプリンと柔らかく絶妙な味わいで、今までの中でも最高だ。芽ネギは香りも爽やかで、あえそばとの相性もとてもいい。芽ネギはネギの種類ではなくて、関東の市場では葉ねぎの仲間の分けねぎを”わけぎ”、若どりの葉ねぎを”あさつき”、さらに若い若芽を”芽ねぎ”と呼んでいるだそうだ。そう言えば、うるま市の島人ぬねぎってのもとても香りがよかったなぁ。なんて考えたりするうち、あっと言う間に胃に収まってしまった。やっぱりダブル位にすればよかったか。でもまぁ、ちょっと足りない位の方が心にも身体にもいいのかもね。麺をダブルにすると150円増しだけど、湯でないで生の麺を持ち帰りすればよかったかもだ(笑

過去のたつぞうの記事。
浜だしとんこつチャーシューめんラーメン辛肉煮卵+餃子豚そばミニチャーシュー太麺油そばまぜそばラーメンとチャーマヨ丼まぜそば2

fasard_set_tatsuzou.jpgらーめん たつぞう
住所:〒901-1304 与那原町東浜2-4 1F 地図
電話:098-944-3670
営業:11:30-15:00 18:00-24:00(土・日はフルタイム)
定休:未定。

gajumaru_oki.jpg 行率のできるラーメン店の味がここに集結 私のおすすめのブックコレクションや手元に置いておきたいDVDのコレクションをアマゾンでどうぞ。 上海問屋

リンクシェアなら
1円から報酬ゲット

ダウンロード販売ならDL-MARKET資金・商材ゼロからのネットショップ開業法有料会員制サイト構築法最速情報起業マニュアル「ゼロ戦」Googleページランク表示ツールの生ソースコード「FXで月利30%を達成!デイトレード専用簡単投資術」超催眠ダイエット法

riolog.jpg

人気blogランキングf
posted by rio at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 与那原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて書き込みします。
確かに県内の製麺では満足できないですよね!
出来たら自分で作ったほうがおいしいかも。
Posted by gane at 2008年07月07日 18:27
県内でも、与那覇食品とか西崎製麺とかいい麺を作る所は増えて来ているんですが、市販されてないので、手に入れにくいんですよねぇ。
一応、パスタマシンは持ってはいますが、作るのはいろいろ大変だからなぁ(^^;
Posted by rio at 2008年07月07日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック