2008年07月30日

中元(ちゅうげん)

ramen_set_chugen.jpg中元(ちゅうげん)は、安謝の交差点から港向けに向かって2番目の交差点を右折したとこにあるホテルサンマリンナハの斜め向いにある。前にも見たことはあるんだけど、15時から18時までの中休みに当たってしまって入れなかった店でもある。今回もぎりぎりの時間だったけど、なんとかセーフ。

in_counter_chugen.jpg in_r_kabe_chugen.jpg

menu_chugen.jpgもうお客は来ないだろうと思ってか座敷に腰掛けて新聞に目をやっていた大将らしき方が、ちょっとびっくりしたような顔をされたのだけど、快く迎え入れてくれた。店内にはゆったりとしたカウンター席が6つに、掘りごたつ形式の6人用座卓が3つある座敷がある。メニューは、塩、醤油、味噌のスタンダードなものが550円でチャーシューやタンメン、五目などが600円と差額が少ないのが変わっているかな。夜は、居酒屋がメインなのか壁にはそれらしきメニューが並んでいる。
spice_chugen.jpg特に中華と言う感じではないようだ。さて、タンメンにしようかと思ったのだけど、普通のラーメンと50円しか違わないってこともあって、普段は頼まないセットにしてみた。セットはラーメン(塩、醤油または味噌)+半チャーハン、餃子3個で730円。つまり180円で、半チャーハンと餃子が付くのは結構お得。で、タンメンとのセットはできませんか?と尋ねたら、一瞬の間の後で、いいですよとのことなので、タンメンセットをお願いした。
しばらくしたら、女将さんらしき方が外から戻ってきた。暑いですねぇと、とても気さくな感じの方。どうやらご夫婦で切盛りされているようだ。

tanmen_zen_chugen.jpg

さて、これがラーメンセットのラーメンをタンメンに変更したもの。お盆に全部一緒に載せて出てきた。tanmen_z_chugen.jpgまずはタンメンだけど、たっぷりの刻みネギと挽き肉を炒めたものに水菜がトッピングされている。タンメンと言うより担々麺っぽい感じにも見えなくはない。スープは最初に辣油のピリ辛が来たと思ったら次は酸味だ。これまた珍しい味だ。麺は、中太のストレートで、クニュクニュふわふわとした食感でちょっと柔らかい。これまたちょっと変わってるな。3品とも同時に出てきたから、ちょっと時間が経っているせいなのかもしれない。

charhan_half_chugen.jpg gyoza_half_chugen.jpg

チャーハンは、熱々で味はいい。決して、ベチャベチャっとはしてないけど、かと言ってパラパラでもない微妙なとこなんだけど、これはフワフワとしていて柔らかい感じだ。
餃子は、一見パリッとしているように見えたけど期待した程じゃなくて、どちらかと言えばこれもかなり柔らかい。中身も味はいいと思うけど食感は柔らかい。3個目は、箸で持ったら崩れてしまったほどだ。どうやらこの店のキーワードは、柔らかさにあるのかもしれない。

ramen_set_fin_chugen.jpgタンメンは、麺の量は思った程なかったので、スープはかなり残ってしまった。残ったスープにもたっぷりのネギと挽き肉が入っていて、酸味と辛味のあるスープは、酸辣湯とはまた違った味で、炒飯と交互にいただくと美味で、結局全部飲み干してしまった。お腹一杯だ。会計の時は50円増しかなと思ったのだけど、普通に730円だった。レギュラーのタンメンとは具とかが違っているのかもしれないけど、嬉しいぞ。

fasard_chugen.jpg中元(ちゅうげん)
住所:那覇市曙3-4-8
電話:098-863-3225
営業:11:00-15:00 18:00-01:00
定休:木


大きな地図で見る (栄町を含めた那覇市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ

gajumaru_oki.jpg 行率のできるラーメン店の味がここに集結 私のおすすめのブックコレクションや手元に置いておきたいDVDのコレクションをアマゾンでどうぞ。 上海問屋

リンクシェアなら
1円から報酬ゲット

ダウンロード販売ならDL-MARKET資金・商材ゼロからのネットショップ開業法有料会員制サイト構築法最速情報起業マニュアル「ゼロ戦」Googleページランク表示ツールの生ソースコード「FXで月利30%を達成!デイトレード専用簡単投資術」超催眠ダイエット法

riolog.jpg

人気blogランキングf
posted by rio at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック