2008年08月30日

第12回 宜野湾市青年エイサー祭り

02flag_eisar_gino08.jpg宜野湾市青年エイサー祭りは今年で12回目の開催で、宜野湾市青年連合会加盟15団体が集い、2日間にわたり各地域の特色あるエイサーを披露するイベント。今日は、他にも北谷で第44回 青年ふるさとエイサー祭り・第6回全国エイサーフェスティバルや、第23回 北中城まつり&平成20年度北中城村青年エイサー まつりもあったりするんだけど、うちから歩いても5分位の市役所向いの宜野湾市民広場へ自転車で行ってみた。

all01_sinjo_eisar_gino08.jpg

着いたの始まったばかりの18時過ぎ。子ども会のエイサーが終わって最初の青年エイサーの新城区エイサーが始まったところだ。旗頭のすぐ後にいるのが大太鼓。一番の体力と経験が必要なパートだろうか。

all02_nakahara_eisar_gino08.jpg

次は、中原区青年会。小さな子供の京太郎(チョンダラー)がなんともかわいらしい。大太鼓の後には、小太鼓が続くのだけど、エイサーの中では一番華やかなパートだけに、ぴたりとあった演舞とリズムが求められる重要なパートだ。ステージで演奏している地謡(じがた)も太鼓のリズムとあ・うんので唄い奏でねばらないので、普通の民謡のとはまた違ったスキルと経験が求められるパート。

all03_yatai_eisar_gino08.jpg

いつもながらの屋台もいくつか出ていて賑わっている。単品よりメタボ満載って感じのセットが人気みたいな感じだ。皿だと食べにくいけど、カップやハンバーガーの入っているパッケージみたいなのだと持ちやすいしいいね。最近は金魚すくいもめっきり減ってしまったけど、ここで見たのは、模型の金魚を破れないプラスチックの網ですくうものだ(苦笑

all04_hutenma_eisar_gino08.jpg

教育長の祝辞と挨拶のあとは、普天間一区青年会。エイサーと言っても衣装や踊り方など同じ宜野湾でも地域に因って随分と違うのもおもしろい。列の最後は踊り手よ呼ばれるパートでエイサーに華を添えている。琉舞や空手の型や、中にはサンバを取り入れているところもあったりと多彩だ。

all05_ginowan_eisar_gino08.jpg

宜野湾区青年会は、旗頭を中心にしてその廻りで舞うところが珍しいのかも。旗頭には、グテー(旗を持って歩ける力)が求められる。京太郎は、見慣れたオーソドックスな感じだ。コミカルな化粧と踊りで見る者の目を惹くのだけど、エイサー隊の列を整え先導すると言う重要な役目もあったりする。

初日は、このあと沖縄市からの室川青年会に続き、嘉数区青年会、野嵩三区青年会のあとにカチャーシーでお仕舞い。初日は花火はないけど、2日目の最後はカチャーシーのあとに花火が上がる。盛大なものではないけど、間近で見れるので迫力はあるぞ。

第12回 宜野湾市青年エイサー祭りの写真をもっと見る


大きな地図で見る

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET



posted by rio at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック