2008年09月20日

くるくまのトムヤムクンラーメン

tomuyamukunr_zen_kuru.jpgカフェくるくまにやってくるのは1年半ぶり。前回、トムヤムクンラーメンを食べに寄ったのだけど、火曜で、無休のこの店はこの日だけは営業時間が短くメニューが限定されていて食べられなかったのだ。土曜だけど9月だから混んでないのを期待したのだけど、駐車場は満車に近い。うーん、これは待たないといけないかなと思いつつ、レストランへ。

sea_fr2_ku.jpg in2_ku.jpg

menu_ramen_ku.jpg16時に近かったせいか、食事をする人が比較的少ないのか室内には空きがあって、すんなりと座れた。飲み物のお客さんとかはテラスに案内されているようだ。さて、ニンニク風味で透明なスープのセンレークナーム(タイ風ラーメン)はまだ食べたことがないので触手が動いたのだけど、トムヤムクンラーメンも何年か食べてないので、やっぱり今回はこちらにすることに。料理が出てくるまでテラスに出てみたけど、相変わらず抜群の眺めだね。

tomuyamukunr_zen_kuru.jpg

これが、トムヤムクンラーメン 1,100円。食べるのは3度目なので驚きはしないけど、でかい。値段は高目だけど、普通のラーメン屋の五目麺とかに比べて具材も含めて倍以上はありそうなボリュームだ。まずは、スープ。酸味と辛さのバランスがほどよく食食をそそる味。パクチーの香りが鼻孔をくすぐる。

tomuyamukunr_z_kuru.jpg

麺は中華麺じゃなくてツルツルのフォー(米の麺)。具は、有頭エビに、プリプリの剥きエビが4,5尾、たっぷりのフクロダケ、チンゲンサイ、白菜、レタス、レッドオニオン、インゲン、アスパラ、モヤシ、ワカメ、メンマにバジルのトッピングとこれでもかの豪華さ。種類が多いだけじゃなくて、それぞれの量もあったりする。

tomuyamukunr_half_kuru.jpg

食べてもなかなか減っていかないので、食べきれるかと少々心配してしまう。実際、少食の人は出されたのを見ただけで、たじろくかも知れないし、普通の人でも完食は難しいと思うかもしれないけど、辛くてすっぱいスープとやさしい食感のフォーは意外とするすると胃の中に収まってしまうものだ。tomuyamukunr_fin_kuru.jpg確かにこれで1,100円は決して高くないし、むしろ2人分と思えば安いなとは思うのだけど、できればもっと小さいポーションで800円位のがあるとすごく嬉しいなと思う。それは他のカレーも同様なんだけど。二人以上で来て、他の料理と共に取り分けて食べるとより楽しめると思う。
これで、次回は、心置きなくセンレークナームがオーダーできるな。
あ、早稲田通りのティーヌンで食べたトムヤムラーメンも美味かったなぁ。あっちのはラーメンだったしね。

カフェくるくまの過去記事
グリーンカレー夢可視館くるくまと隣の夢可視館の写真

fadard_ura_ku.jpgアジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
住所:南城市知念字知念1190
電話:098-949-1189
営業:10:00-22:00(L.O.21:00)火曜のみ11:00-18:00(L.O.17:00)
定休:無


大きな地図で見る (那覇市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック