2008年10月03日

おこのみゴヤ-広島つけ麺

tsuke_zen_okonomi.jpgおこのみゴヤは、コザのパルミラ通りにある広島風お好み焼きの店。広島つけ麺をメニューに加えたって話は聞いていたので試そうと思いながら、なかなか機会が無かったのだけど、コリンザのベスト電器に用事で行ったら、なんと7月に閉店していたのだった。折角クルマを停めたことだし、いい機会なのでパルミラ通りへ歩いていくことに。当たらしピザ屋さんが工事中だったり、食堂次男だったところがビストロになっていたりするけど、やっぱりちょっと寂しいかな。

taiwan_mokugenji.jpg

パルミラ通りを歩いているとコザクラの前で何人かがおしゃべりの最中。オーナーのマーコさんもいたので、しばし談笑。いつもながら元気な人たちだ。ふと見上げるとピンクの綺麗な花が咲いている。実は花ではなくて実なんだそうだ。花は黄色いらしい。そう言えば、1カ月位前に夜歩いた時にその黄色い花が咲いているのを見た憶えがあるなぁ。帰って調べてみたら、台湾、中国原産の落葉高木のタイワンモクゲンジで、昭和50年代に導入されたもののようだ。沖縄本島では10月頃から咲きだすらしいので、今年は早いのかも。花のように見えたのは、ブーゲンビレアの花びら(苞)のように見える果皮(袋状)で、実際の実はその中に鈴なりになっているようだ。

in_okonomi.jpgそれはさておき、おこのみゴヤへ。入口のチェアに座って2人してユンタクしていた一人の方が大将だったようだ。ドアが開いているので、店内に入ると暗い。開いてますか?と奥に声をかけたら、後から大丈夫ですよ∼と声が返ってきた。4人用のテーブルが3つに、鉄板を囲んだハイカウンターに5席程ある。メニューは、関西風の豚玉が500円に、そばが入った広島風が600円。うどんが入ったのもあるし、高いのでも650円。つけ麺は書いてなかったのだけど、聞いてみたら大丈夫ってことでオーダー。


tsuke_men_z_okonomi.jpg

しばらくしてでてきたこれが、おこのみゴヤの広島つけ麺600円也。予想していたより、随分とボリュームがありそうだ。具は、キュウリに、ささ身、オクラに細いアスパラガスと今まで食べた広島つけ麺とかなり違った趣きで冷やし中華っぽい感じかな。

tsuke_tare_men_okonomi.jpg

tsuke_tare_okonomi.jpgタレは一見辛そうに見えるのだけど、実際、口にすると酸味と甘みがあって辛さは余り感じなくて、これもやや冷やし中華風だろうか。麺は中細で、やや柔らかめではあるけど、つるりとした食感にコシもあってなかなか美味いし、途中でタレがなくなりそうかと思うくらい量もたっぷりある。とてもさっぱりとしたつけ麺で、今まで食べた、普天間のロックファブリック、プラザハウスの広島激辛つけ麺じゃけん、国場のゆくりんぼのものと比べるとややもの足りなさを憶えるかな。ささ身より豚肉だったりすると、もっと満足感はありそうな気はする。でもお好み焼きとかと一緒だとまた違うのかもしれないね。

fasard_okonomi.jpgおこのみゴヤ
住所:沖縄市中央1-6-17
電話:098-929-0425
営業:11:00-19:30
定休:日


大きな地図で見る (沖縄市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ本島全域版
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET



posted by rio at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック