2008年10月09日

麺あがりのつけ麺大盛り

zenbutsuke_l_zeb_agari.jpg麺あがり 宜野湾長田店
住所:〒901-2212 宜野湾市長田1-1-1
電話:098-892-3705
営業:平日:11:30-14:30 18:00-23:30 土・日・祝は通し
定休:無し

in_table3_agari.jpg今では、つけ麺を出す店も増えたのだけど、最初に美味いと思ったのは、この麺あがりだったと思う。もう4年半以上前のことかな。その割りには食べてる回数は少ないのは不思議と言えば不思議。つけ麺を食べに来たのに新作があるとそっちを試したくなったりして、前回も塩ラーメンを食べてしまったのだ。美味かったからいいんだけど。で、急につけ麺が食べたくなって中休み前ギリギリの14時半に到着。家から近いのはありがたい。今回は新作がまだだったこともあって、迷わず安心してつけ麺を注文。全部入りで大盛りにしてみた。ちなみに並は130gで、+50円の中盛りは200g、大盛りは+100円で260g。さらに特盛りは390gで+200円だ。

zenbutsuke_l_men2_agari.jpg

これが全部入りつけ麺の大盛り850円。今まで中盛りばかりだったけど、初めて大盛りにしたのかな。ラーメンでもつけ麺でも大盛りにすることは、まずない私にしては珍しいことだけど、それだけここのつけ麺は美味い。見ただけでもなかなかの量だけど、並の倍あるので大盛りと言うよりダブルだ。具は、チャーシュー、海苔、モヤシ、ワカメ、メンマに薫製半熟玉子。zenbutsuke_l_tare_agari.jpgさっそく麺をタレに漬けて頬張る。中細のなめらかでコシのある麺に柚子の香りがきいたさっぱりとしながらも味わい深い汁が絡んで美味い。太麺が好きな私だけど、このタレとこの麺との相性は抜群だと思う。いつもながらチャーシューの脂もよく抜けていて、肉はサクサクっと柔らかで、薫玉も香りよく味わい深い。欲を言えばワカメもいいけど、水菜とかの野菜だともっと嬉しいかも。大盛りだけど、あっと言う間に胃の中に消えていった。汁はやや塩気が強いので、全部は飲み干せなかったけど、最初の頃のように割りスープがあるといいかも。残すのはちょっと心苦しいね。ここは、黒胡麻アイス150円や、パンナコッタ200円にクリームおしるこ200円なんてデザートもあって、いつも頼もうと思ったりもするんだけど、つけ麺の味が消えてしまいそうで今回も注文できず仕舞いだ。こってり味ならリセットするにもいいんだけどね。でも次回はぜひ食べてみたいものだと思う。それともトリプルにしてみるか?

麺あがりの過去記事。
香コクみそラーメンチャーシューつけ麺冷しつけ麺全部入りつけ麺おろちょんつけ麺塩ラーメン

麺あがり店主のブログ

大きな地図で見る (宜野湾市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ本島全域版

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





posted by rio at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック