2008年10月23日

我流家で手打ちラーオフ

ramen2-garyu.jpgさて、与那覇食品でラーメンを手打ちしたあとは、すぐ近くの我流家へ移動。実は木曜は定休なのだけど、大将がなんと一人で開けてくれたのだ。しかもこの麺のために特別なスープまで用意してくれるとのこと。しかも2種類もだ。手打ちの方は限定10名だったけど、こちらは10名追加して総勢20名。それと11/16日の11時から放映予定のRBCのウチナー紀聞のラーメン特集の撮影スタッフ。目立たないようにしていたつもりだけど、与那覇食品でも撮影していたので写っているかも。

all_food-garyu.jpg

menu_rar-garyu.jpg今まで我流家の伊礼さんには、何度か特別メニューを作っていただいたことがあるけど、いつも事前にイメージイラストやメニュー表が用意されていて、実にホスピタリティとサービス精神のある方だなぁと感心させられる。今回も壁にメニューが貼ってある。最初に用意されていたのは、枝豆のハーブ焼き。ローズマリーの香りがとてもよくて香ばしい。これは新鮮な味だなぁ。枝豆の薫製はよく作ったりたりするのだけど、ローズマリーならうちでも繁茂しているので今度試してみよう。肉料理とかの付け合わせにもよさそうだ。メニューには載っていなかったようだけど、マヨネーズソースがかかったメンマサラダもおもしろい。唐揚げもカラリと揚っていて、中味は柔らかくジューシーだ。チーズ春巻きも皮はパリッでチーズがとろぉーり。チャーシューおにぎりは、さすがに握ってる余裕はなかったと思うので、チャーシューご飯なんだけど、味付けもとてもよくすごく美味い。メニューにあった逆転玉子コンソメマスタード風味ってのは、外のテラスで喋っていたりもしたので、私は食べ損ねたのかな?

all_people-garyu.jpg

今回は、ラーメンファンだけじゃなくて、ラーメン店主の方も何人か参加。たつぞうのしゅうさん、武蔵家の藤崎さんに通堂西原店の渡嘉敷さん。我流家の伊礼さんの手伝いでしゅうさんとの二人が厨房に立っている貴重?なツーショットがあったりと楽しい。yudemenki_rar-garyu.jpgそれに今回は、自分で打ったラーメンを伊礼さんの指導の元、二人づつ実際に厨房にはいって麺を茹でタレを注ぎ、トッピングまでさせてもらった。普段なかなか厨房に入る機会なんてないんだけど、さらに作らせてもらうってのはとても貴重な体験。実際にやってみると今回のラーメンが単にタレとスープを合せるだけじゃなくて、タレも複数のものを組み合わせた、とても凝ったものだと言うのがよく分かる。


ebony_bk_ton-garyu.jpg

これが一杯目の、エボニーブラック味噌ラーメン。一見するとイカスミのように見えるのだけど、これは竹炭味噌だそうだ。この竹炭味噌に、海老油と醤油ダレの上に鶏がらに魚介を加えたスープを注ぎ、生クリームとパプリカオイルが載り、さらにレンゲにはバター醤油が添えられる。具は鶏チャーシューに九条ねぎと白髪ネギを揚げたもの。最後に海苔をトッピング。
ebony_bk_z_ton-garyu.jpgこれだけいろいろ入っていると、さぞかし濃厚なんだろうと思ったら、確かに濃厚ではあるけど、思ったよりずっとまろやかで、さらりとしたところさえある後味。見事に調和しているあたりは、さすがにセンスがいいと言うか、見事だと思う。スープも飲み干そううと思ったのだけど、それまでにかなり食べたし、まだあと1杯食べないといけないので、ちょっと残してしまったのは申し訳ないし、ちょっと心残り。あ、麺は、もちもちでコシも歯応えもあるんだけど、ラーメンの麺と言うよりはやっぱり太目な沖縄そばの麺のようではある(苦笑

tori_ton-garyu.jpg

これは、濃厚鶏白湯 醤油De魚介。これも複数のタレと油を加えたもので、スープはアゴ(飛魚)出汁の魚介。トッピングはメンマと晒したタマネギにチャーシュー。レンゲには厚目の鰹節が添えられている。これは結構、すっきりとしながらもコクのあるまろやかな醤油味。青菜系のものがあるとさらに楽しめそうな気もするけど、お腹が普通の状態ならもう一杯食べたくなる味だ。手打ち麺との相性もいいんだけど、私のはちと太すぎるせいか、いつもの我流家の麺でもう一度食べてみたいかも。
annin-garyu.jpgと言う訳で、たくさん食べて、飲んで、お喋りしてとても楽しいひと時だった。それでもデザートは別腹ってことで、特製のなめらか杏仁豆腐もお代りしてしまった程。これで1,500円だった訳で申し訳ないくらいの気持ちで一杯にもなったひと時でもある。こんな気概の店主たちがこれからの沖縄のラーメン界を背負って立っていくんだなぁと感じた夜でもあった。与那覇食品の手打ち体験及びこの宴を企画してくれたえぼたさんにも感謝。またの機会が楽しみだ。

与那覇食品で手打ちラーメン体験はこちら。

我流家の過去の記事。
つけ麺1醤油ラーメンチャーシュー味玉つけ麺つけ麺と肉春巻き味噌ラーメンつけ麺と唐揚げメンマつけ麺限定まぜそばつけ麺と梅ダレ醤油らーめん2つけ麺 エシャロット

fasard_ga.jpgらぁめん・我流家
住所:沖縄県中城村南上原966
電話:098-895-6557 
営業:11:30-23:30(LO)
定休:木


おきぐるマップ本島全域版を見る
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET



posted by rio at 23:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 西原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお疲れ様でした。
次回、生めん購入の際はお供させてください!
自分もオリヂナル油そば作ってみたいです
Posted by ともぞう at 2008年10月24日 19:47
もうなくなったので、近々行くつもりですよ。
私は14番手位の太麺にカットしてもらおうと思います。
Posted by rio at 2008年10月25日 07:52
まぜそば系で味わいたいので
rioさんと同じく自分も太麺がいいです!
時間が合えばご一緒させてください
よろしくお願いします。
Posted by ともぞう at 2008年10月25日 11:18
ともざうさんは、何玉くらい買われる予定ですか?
常備しているのは20とか22番手なので、16番以下とかは、前日に連絡してカットしてもらったんですよ。
Posted by rio at 2008年10月25日 11:31
番手はわかりませんが、たつぞうのまぜそばと同じくらい
か、さらに太くでも大丈夫です。
10玉くらいから売っていただけると
与那覇さんがおっしゃっていたので10玉買う予定です。
Posted by ともぞう at 2008年10月26日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック