2008年10月29日

ロックファブリックの塩中華そば

shio08_zen_fabrik.jpgROCK FABRIK(ロックファブリック)
住所:宜野湾市新城1-31-7 3F
電話:098-893-9528
営業:ランチ11:30-14:30 17:00-20:00
定休:日、月、火(第4、5日は営業)


menu_ramen2_fabrik.jpg in_window_fabrik.jpg

うっかり1つ前のバス停で降りたので、ふとロックファブリックが今年も中華そばを始めたってので14時過ぎだし、寄ってみることに。階段を昇ると女将さんが笑顔で迎えてくれる。ちょっと早めだけど、お客さんの要望もあって今月の6日位から開始したらしい。1年を通してやってもらいたいものだけど、暑いからねぇとのこと。今だって充分暑いとは思うんだけどね。今年も塩と醤油味の2種類でそれぞれ680円で特盛りが100円増し。まずは塩を注文。基本的には去年のと同じだけど、さらに進化しているとのこと。

shio08_fabrik.jpg

これが今年の中華そばの塩680円。まずは、チャーシューが目を惹く。去年は、薄くスライスされたとろとろの三枚肉チャーシューだったのが、香りのいいロースになっている。メンマも変わっていて、キクラゲが追加されている。モヤシはなくなったのかなと思ったら、チャーシューの下に隠れていた。ともかくスープを。おやっ? とてもまろやかな味で塩気はほとんど感じない代わりに、醤油みたいな発酵系の味が加わっている。チャーシューが醤油で味付けされているのでそのせいかも知れない。塩味と醤油の中間みたいな味でちょっと不思議な味だ。

shio08_z_fabrik.jpg shio08_z_soup_fabrik.jpg

麺は、ツルツルの滑らかで、やや柔らかめだけど弾力のあるもの。チャーシューは、しっとりと柔らかく存在感のある食べごたえだ。メンマは薄めでとてもシャキシャキとしたもので、キクラゲも歯応えはあるけど柔らかく美味い。shio08_fin_fabrik.jpg半熟の味玉も去年より進化したような感じ。するするっと胃の中に収まってしまうのは去年と同じだけど、塩としての個性はちょっと消えてしまったかなとも思う。チャーシューの味付けが思いのほか、全体に影響しているんじゃないかとも思う。このチャーシューは醤油の方と相性がよさそうなので、次回はそっちを試してみよう。

Rock Fabrik(ロックファブリック)の過去記事。
つけ麺その1つけ麺その2塩と醤油ラーメンチャーシュー麺
バータイム



大きな地図で見る (宜野湾市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET



posted by rio at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非行ってみたいのですが、駐車場はありますか?
Posted by 大島よしお at 2008年10月30日 14:37
お店は3階ですが、1階階段横の路地が駐車場になっていて、2,3台は停められるようです。
Posted by rio at 2008年10月30日 16:00
ありがとうございます!
Posted by 大島よしお at 2008年10月30日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック