2008年11月15日

シャオロンのキムチ餃子

kimuchi_gyoza2_shaoron.jpg餃子屋 シャオロン
住所:沖縄市中央1-15-8
電話:098-938-3551
営業:11:30-14:30 17:30-21:00
(ランチタイムは月-金のみ 土・日は23時まで営業)
定休:日・祝

menu2_shaoron.jpg shikishi_shaoron.jpg

beer_toretate_shaoron.jpg餃子屋シャオロンがコザの一番街の裏通りにオープンしてから2ヶ月ちょっと。落ち着いた頃だろうし、キムチ餃子なんてのもできてるらしいから久しぶりにコザの町に出かけてみた。まだ2ヶ月ちょっとだからと言えばそうなんだけど、開店の時と同じく整頓され、とてもきれいで清潔な印象を受けのは店主の性格を表しているんだろうなぁ。まずはビール。先日自宅で飲んだキリン一番搾りのとれたてホップ2008があったのでそれをチョイス。家で飲んだ時は、面倒だったので缶からそのまま飲んだでしまったのだけど、爽やかでマイルドな喉越し。ちゃんとグラスに注いで飲むと香りも立つし、美味さも際立つなぁ。今年収穫したばかりの遠野産ホップを乾燥させるのではなく、凍らせて細かく砕いて仕込んであるそうだ。

kimuchi_gyoza_shaoron.jpg

そうこうしているうちにやってきたこれが、豚キムチ餃子650円。スタンダーとなたまちゃん餃子に比べて200円高くちょっといい値段ではあるけど、皮から透けて見えるキムチ色が美しく食欲をそそってくれる。そのまま食べてもいいし、辛いのが好きなら唐辛子ソースをつけてねってことなので、まずはそのままガブリ。ややキムチの酸味が強めで、それに甘みにと辛みがよくバランスしていて、肉汁も口の中に広がり美味い。

kimuchi_gyoza_z_shaoron.jpg

餃子と言えば、力強いものってイメージがあったりするけど、シャオロンの餃子はとても優しげで上品な味だ。女性に人気があるのもうなづける気がする。唐辛子ソースは名前ほどの辛さはなく、つけてみると、さらに美味さが加わっていい感じだ。ご飯にもよくあいそうだ。
ここの餃子は全部、焼きと言うより蒸しに近いものなので、今度はパリッとした焼き餃子なんかも食べてみたいな。12月からは、キムチスープ餃子も登場するらしいし、エビチリ餃子も試作中らしい。ますます楽しみなシャオロンだ。

プレオープンのシャオロンの記事
餃子屋シャオロン店主のブログ


大きな地図で見る (沖縄市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET






posted by rio at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック