2008年11月23日

たつぞう一周年・清湯醤油

syoyu_zen_tatsuzo.jpgらーめん たつぞう
住所:〒901-1304 与那原町東浜2-4 1F
電話:098-944-3670
営業:11:30-24:00(11/24より中休みがなくなってフルタイム)
定休:未定

moyashi4_tatsuzou.jpgたつぞうが与那原の東浜にオープンしたのは去年の11月23日の今日。私が最初に行ったのが翌24日なのでちょうど1年が経ったことになる。先月には二号店のたっちゃんラーメンがオープンしたばかりだし、今一番勢いのあるラーメン屋の一つなのは間違いないところだ。23、24日は一周年記念限定の「二段仕込み変わり醤油ラーメン」を出すってことなので、夕方行ってみた。

syoyu_zen_tatsuzo.jpg

これがその二段仕込み変わり醤油ラーメン。麺は縮れ麺。二段仕込みと言う言葉から今までのに味を重ねた濃いものかもしれないなと思っていたのだけど、全く逆で澄み切った清湯(チンタン)醤油のようだ。チャーシューに揚げワンタンに青菜、青ネギに焦しネギとシンプルな出で立ち。

syoyu_z_tatsuzo.jpg

まずは、琥珀色のスープを。見かけを裏切らず、とてもすっきりで甘みのあるまろやかな味。中華そばのような醤油味ではなく、塩に醤油の風味を加えたようなと言うか、醤油の旨味エッセンスをスープに溶かしたような味。豚が6に鶏が4の割合だそうだ。それに焦しネギと油が香りと風味を増してくれている。このスープには、やはり縮れのある麺が一番いい。syoyu_fin_tatsuzo.jpg今日のチャーシューはいつものより肉質自体がいいせいか、脂も実に美味い。ワンタンも麺と同じく与那覇食品のものらしいけど、食感も風味もとてもよくスープともばっちりだ。するするっと胃の中に最後の一滴まであっと言う間に収まってしまった。正志やのような醤油らしい醤油もいいけど、この塩醤油とも言える清湯醤油は実にオリジナリティに溢れている毎日食べても飽きないラーメンに仕上がっていると思う。この2日間だけの限定と言うのは惜しい。

syoyu_maze_tatsuzo.jpg

このタレで、まぜそばもできますよと修さんが言うので、丼を置く前にそれもいただきますと言ってしまった。で、これがそのまぜそば。まぜそばにするにはタレが薄いかもと思ったら、逆でちょっと塩辛いくらい。しかし味ははっきりと分かる。酢を少々加えてみたら、塩が引いてちょうどいい塩梅になって旨味が引き立ってきた。syoyu_maze_fin_tatsuzo.jpgこちらは太麺と相性がとてもいい。もも肉のチャーシューはやや厚めでしっとりと歯ごたえがいい。それに脂も少しもしつこくなく肉の旨味が強い。もう少しスパイシーだとなお、いいと思うけどこれも、あっと言う間に完食。まぜそばの完成度としては、やはりレギュラーの浜だしの方かなとも思うけど、ラーメンはこの二段仕込み変わり醤油ラーメンの方が好みだし、上だなぁと思う。最近のラーメン屋は、味に味を重ねて行く洋の料理法が多いのだけど、このように味を抽いていく和の延長線にあるやり方もいいんじゃないかと思うし、私はこっちの方も好きだなぁ。二杯食べてお腹は満足しても、少しももたれることがない味だ。


たつぞうの過去記事。
浜だしとんこつチャーシューめんラーメン辛肉煮卵+餃子豚そばミニチャーシュー太麺油そばまぜそばラーメンとチャーマヨ丼まぜそば2まぜそば+塩辛

たっちゃんラーメンの過去記事
たつぞうで食べた塩ラーメンレセプションの塩ラーメン塩ラーメンと餃子塩ダレまぜそばとから揚げコク塩ラーメンとカレーライス



大きな地図で見る (西原町・与那原町全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET




人気blogランキングf
posted by rio at 19:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 与那原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ、そう言や、しゅうさん、週末はたつぞうの1周年で経塚にはいないとか言ってましたね。
昨日の夕食はネギごまラーメンと「亜琉(あ〜る)」の串かつでしたが作戦失敗でした。先に「暖慕」で食べてたせいで「亜琉」の串かつの尋常ならぬボリュームに対応できませんでした。そんな中、あっさり醤油系ですか。美味そうですね!ふむ、24日に仕切り直しかな。
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月24日 05:31
亜琉は、大阪風の串カツみたいですね。
どぼっと浸けて一杯やりたいな(^^

ところで、たつぞうのラーメンは食べましたか?
Posted by rio at 2008年11月26日 09:49
頂きました。雨の中、行って参りました。繊細で美味い。あれって、いわゆる「白醤油」とか使ってるんでしょうかね?話に聞いたことがあるだけですが。個人的には彩りは焦がしネギでOKですが、キャベツとかのシャキシャキ感を合わせてみたいですね。ところで亜琉の串カツは一般的な大阪風の、よく言えば「奥ゆかしい」素直に言えば「セコい」小振りなカツではなくたっぷり大振りな、食べ応えがあるものでしたよ!今なら限定の「すだち酎」が飲めるかも知れません。と、ネジを巻く^^;。
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月26日 22:51
キャベツもいいけど、水菜や白菜の軟らかいとことかがこのスープには合いそうな気がしますが、今回は限定ってことでスープを強調するためにもシンプルになっているんでしょうね。
白醤油は私は、酸辣湯(さんらーたん)を作る時に使いますよ。卵焼きとかにも色をつけないで済みますね。

串カツは梅田の地下の立ち食いで食ってましたが、なぁ懐かしい(^^
Posted by rio at 2008年11月27日 07:47
梅田の地下といえば「松葉」ですか?いいですねえ。よく冷えたビールとバットに入ったソースにつけた串カツ。個人的には基本「牛串」と「レンコン串」意外にウインナーとか美味いですよね。8月に出張で行ったばかりだというのに次はいつ行けるかな?なんて考えてしまいます。大阪にはいっぱいありますね、こういった絶品のジャンク系というかファストフードというか。ただキャベツ焼きが3月には1枚110円だったのが8月には130円に値上がりしていたのが残念です。
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月29日 22:41
場所は覚えていると思うけど、名前は知らないですねぇ(^^; 気にしたことなかったなぁ。随分永いこと行ってないし。レンコンは大好きですね。辛しレンコンも食いたいなぁ。キャベツ焼きは知らないのですが、うちで作ったキャベツのステーキも美味いからきっと美味いはず(^^
Posted by rio at 2008年12月01日 11:04
こんばんは。「松葉」は大阪駅東口から阪神百貨店地下入口側へ降りる階段横、なんとかいう金券ショップが近くにあります。位置的には完全に梅田の地下街ですね。ばかに混んでるので頑張って粘っても30分が限度ですかね?でも、新世界あたりのお店よりはじっくり味わうことが出来ますね。キャベツ焼きですが、軽めのお好み焼きみたいな感じのヤツでなんばパークス横の店舗は大阪行ったときの行きつけです。個人的にはすぐ近くの「天一」よりも好きかも。
Posted by 黒剣龍 at 2008年12月02日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック