2008年11月20日

奥琵琶湖-鮒寿司-紅葉

snow_kawara.jpg高月2日目の朝。窓を開けたらそこは雪化粧。しかも雪も降っている。レンタカーを予約していたけど、雪道をドライブしたことは数える程しかないし、このまま降ったらヤバイなぁと思いつつまだ早いので一寝したらちょっと晴れ間も覗き始め、道路の雪溶けているような感じなので一安心。これなら大丈夫そうかな。

morning_sumiyoshiya.jpg泊まったのは駅近くの住吉屋旅館。旅館と言ってもビジネス旅館なので風呂、トイレは別だけど個室になっている。夕食抜きで5000円でおつりがくる。夕食を入れても800円増しだけど、今回は抜きでお願いしていた。朝分かったけど、素泊まりでも朝食はついていたのでやっぱりお得ではある。そしてその朝食はなかなかのボリューム。厚焼きタマゴに、かまぼこ、シラス、漬け物、ハムとサラダ、海苔に写真には写ってないけど、味噌汁と納豆も付いている。それに何杯食べさせようというのかと思うくらいの量のご飯がおひつに入って出てきた。結局2回お代わりしたのだけど、おひつの1/3も減らなかったかも。

river_takatoki_081119.jpg

ren_a_car_081119.jpgレンタカーは6時間借りても12時間借りても軽とSクラスは同じ値段なので軽を12時間借りることに。保険込みで5250円。琵琶湖の北端の奥琵琶湖ドライブウェイに行く前に、雨森芳洲庵へ向かう。川沿いの土手の上を走ったら、河原も山もうっすら雪化粧。こんな景色を見るのは随分と久しぶりのことだなぁ。

00fasard_amemori.jpg 03engawa_hosyuan.jpg

icho_t_amenomori.jpg雨森芳洲庵のある雨森町は、高月も素晴らしいけど、さらに美しい町だ。手づくり郷土大賞や花のまちづくりコンクールにも優勝しているだけのことはある。沖縄にも歩いてみたい道は多いけど、いろんな意味でレベルが違うなぁと言う感じがしてしまうのは、単に懐かしい風景と言うだけでは決してなく、いかに地元の人が愛しているのかがよく伝わってくるものがある。さて、雨森芳洲だけど、中国語、朝鮮語に通じ、江戸時代中期の日本を代表する儒者。対馬藩に仕え、李氏朝鮮との通好実務にも携わった有名な方だ。しかし、意外と知られていなくて私もつい最近知ったばかり。

mt_snow_field_081119.jpg mt_river_fall_081119.jpg

雨森町を過ぎ、昨日、紅葉が綺麗だと言われた石道寺の方へ向かう。

river_scene_syakudou.jpg syakudouji_zen.jpg

山の方に登ってくると道にも雪が残っているので、轍から逸れないようにやや気をつける。クルマを停めて山道を登っていくのだけど、踏まれたところはみぞれ状になっているので、新雪部分か、すでに溶けた道を歩かないと靴がグチョグチョになりそうだ。紅葉に雪が積もっていて、秋と冬の景色を一度に楽しめるのも嬉しい。

sugi_komorebi_syakudou.jpg road_sugi_syakudou.jpg

杉並木の山道も歩いてみたのだけど、積もった雪が太陽で温められて時々、どさっとと落ちてきたり、雨のように降り注いで来るので、寒くはないけど、コートを被って傘代わりにしないといけない。おまけに道はぬかるんでいて、気をつけていたけど、途中から靴もグチョグチョだ。これは本当の森林浴だな。

river00_mt_081120.jpg

琵琶湖の方へ抜けるために国道8号線を北上。空の青に山の緑と紅葉、それに雪の白と川の青のコントラストがなんとも言えない。

lakeside_mt_biwa081120.jpg

mizunoeki_fasard_biwa081120.jpg長いトンネルを抜けると景色はガラリと変わり琵琶湖畔に出る。湖とは言え海のように広い。湖岸を洗う波の下は砂ではなくて河原にあるみたいな石。小さな頃にこの湖で溺れかけたことを思い出した。湖岸沿いにしばらくクルマを走らせると水の駅があった。沖縄の海の駅の湖版か。ちょっと寄ってみることに。


hunazushi_zen_biwa081120.jpg

店内には地場産品の野菜や加工品が売られていて、軽食コーナーもある。目についたのが魚助の鮒寿司の茶漬けセット。鮒寿司は食べてみたかったのだけど、意外と目にすることがなかったし、1,200円とちょっとお手頃価格。1匹買うと2,000円以上するからね。鮒寿司は寿司の原型となったとも言われているのだけど、強烈な匂いがするのでも有名。さて、出てきたものは意外ときつい匂いではないけど、独特の香りがする。説明によるとフルーティな香りとあるけど、同じフルーツでも南国系かもしれない。鮒寿司は、思ったほど酸味は強くなく、しっかりとした身を噛み締めるとクリーミィな味が広がる。酢飯の具合もちょうどいい。子持ちの身の入った茶漬けは、逆に酸味が強めで、ホロホロっとしたタマゴの部分とのコントラストが楽しい。hunazushi_rice_biwa.jpgご飯の上に鮒寿司をのっけるだけの食べ方もいいもんですよと板前さんがサービスで持ってきてくれたのも美味い。このセットも最初から茶をかけるのじゃなくて、自分でかけられるようになってるといいかも。付け合わせの鮎?の佃煮にも美味い。思っていた程強烈ではなかったけど、独特の香りが鼻孔に残っていたから、やっぱりクセは強いのかも。今度は鮎寿司が食べたいぞ。

kamosoba_zen_biwa.jpg

kamosoba_z_biwa.jpg店の一角に鴨蕎麦があって、それだけなら心は動かされなかったんだろうけど、琵琶湖産海老のかき揚げが載っていてそれが決め手。お腹も余裕があるしワンコインなのも嬉しい。蕎麦の味は上等な立ち食いそばって感じなんだけど、海老のかき揚げは、風味も食感もとてもいい、口いっぱいに海老の香りが広がる。小さめの鴨肉だけど、レア気味で柔らかく美味い。この海老のかき揚げだけど1パック300円なので、買ってからトッピング増しにしてもよかったかもだな。

momiji_enkei_mt_biwa.jpg

さてさらに8号線を進み、トンネルを抜け左手の標識に従い左折して奥琵琶湖ドライブウェイへ。紅葉と緑のコントラストが息を飲む程美しい。春は桜、夏は濃い緑、秋は紅葉、冬はセピアと白ってのが原風景だけど、永い間心の奥に仕舞い忘れていたんだなとも思う。

zenkei_top_z_biwa.jpg

ドライブウェイはなかなか快適と言うかワインディングロードで走らせるのが楽しい。スポーティカーならもっと楽しめそうだ。湖面沿いの道は途中から急な上り坂になり頂上の展望台へ。ここから湖北の町とその向こうの伊吹山が臨める。伊吹山の冠雪がクリスマスツリーのようにも見える。

momiji_grade_biwa.jpg momiji_grade2_biwa.jpg

展望台の周辺やここから下っていく道周辺の紅葉も見事だ。まだ緑の部分から黄色、赤までグラデーションで色づいているのもいいね。展望台のお土産屋さんの方に聞いたら、雪で午前中はドライブウェイは通行止めだったんだそうだ。私はラッキーだったかも。登りの道は雪はほとんどなかったんだけど、下りの方は日があたらないせいか、道路には残雪が結構多いので慎重に走ることに。

kodachi_jinja.jpg

8号線を南下して、赤後寺(しゃくごじ)へ向かう。田んぼの中に素敵な雑木林があるなと思ったら、そこもお寺だ。

susuki_081120.jpg honden_korori.jpg

赤後寺には千手観音立像と菩薩立像が祀られ、、3回お参りすると苦しまずコロリと極楽往生できると古来から言い伝えられていて別名コロリ観音とも呼ばれている。ここの菩薩像も焼き討ちから逃れるために土中に埋められて守られたものだ。元は金色に塗られていたのが一部残っているけどほとんどは黒くなっているもののとても滑らかに光っている。何百年も前のものなのに、こうして残っているのはすごいことだ。それに比べ人間の作り出した素材の儚いことよ。

mt_koyo_081120.jpg

高月町の平野と琵琶湖を山が隔てているのだけど、これが昔から大問題で、大雨のたびに川は氾濫し、周囲の山や野に降った雨水もことごとくこの辺りに集中し、田畑は冠水して一面湖沼のように一変し、隣村との往来も危険な状態だったそうだ。江戸時代末期、水から村と田畑を守るため村人が主体となって山の掘り貫き工事を行い、排水トンネル「西野水道」を5年余の期間をかえ、1845年の秋に完成させたのだそうだ。記録によると、石工の労働日数5289日、村方人足3500人、他村からの手伝い人足123人を要し、石工の賃金その他の経費をあわせると1275両といわれている。現在の価値では3億とも5億とも言われるこの資金の大半を100戸足らずの農家が力をあわせて負担捻出したと言うのも驚きだ。それほど切実なことだったんだろうとも思う。

ent4_nishinosuido.jpg

この西野水道は、高さ11.5-3m、幅1-1.5m、長さ約220m。トンネル近くの小屋に長靴、ヘルメット、懐中電灯が用意されているので今でも通ることができる。私も通ってみることに。中に入るとすぐに真っ暗で、高さも幅もほとんど人が一人入れるって感じ。閉所恐怖症の人には無理かもしれない。固い岩盤に阻まれたせいかトンネルは途中で折れ曲がったり、川床を深くなったりして、何度も高低や方向を修正した様が伺える。細かいノミの痕もたくさん残っている。最後の方は、かがまないと進めなくなるし幅も狭い。現在は横に2本の大きな水路があり、それぞれ昭和25年と55年に設けられたものだ。真ん中のトンネルは人も通ることができるので帰りはそちらを使ったのだけど、まっすぐ歩いてもそれなりに距離がある。

mt_sunset_081120.jpg

mt_enkei_road_081120.jpg日も暮れてきたので、駅の方へ向かうことに。平野をまっすぐつっきる道は山の麓まで綺麗なパースを描いて大陸的な風景にも見える。琵琶湖に落ちる夕陽に染まった山の色がなんとも幻想的だ。沖縄もガソリンが安いのだけど、高月も廻りに比べると安めなんだそうだ。124円だった。割とよく走ったつもりだったけど満タンにしても4リットルも入らなかった。やっぱり軽は燃費いいんだね。

※そのうち加筆修正予定



Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET




人気blogランキングf
ラベル:高月 琵琶湖
posted by rio at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 県外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック