2008年11月21日

長浜市内巡り

daitsuji_fr.jpg長浜では前回と同じく駅のすぐ近くのYes長浜に宿泊。ビジネスホテルだけどここの接客はなかなか気持ちがいい。ここがユニークなのは自販機の隣に雑誌や美味しんぼなどのコミックが揃っていて自由に部屋で読めたりすること。ネットで予約すると10%割引になるのも嬉しい。前回は3階だったけど、今回は7階なので景色がよく駅の向こうに琵琶湖も見渡すことができた。

nagahama_st_morn_081121.jpg morning_yesnagahama.jpg

ここのいいとこのもう1つは、朝食。宿泊客は半額の420円で、おにぎり、日替わりの具が6種類に厚焼きタマゴ、みそ汁にサラダのバイキングで、さすが近江だけあって米が美味いし、みそ汁も具だくさんで出汁がよくきいていて満足。

forest_nagahama.jpg nagahamajo_nagahama.jpg

今回、長浜に泊まったのは、海洋堂のフィギュアミュージアムや市内にある博物館を巡ってみたかったのだけど、まだ開館までには時間があるし、荷物をフロントに預けて湖畔にある長浜城へ歩いていってみた。eagle_nagahama.jpg駅の反対側の公園を抜けて5分程のところにある。この公園も紅葉が綺麗だ。城は2、3階が展示室になっていて5階は展望台。ここは日本の夕景100選に選ばれているそうだけど、確かに綺麗だろうなと思う。先に知っていれば昨日はもっと早く長浜にやってきていたかもだ。風に乗って鷹が優雅に舞っているのが印象的だった。

fasard_ksk.jpg taiken_hinawagun_ksk.jpg

長浜は黒壁の町として有名で、市内のあちこちに昔ながらの黒壁の家やそれらを利用したショップやレストランやミュージアムが並んでいる。パスポートを1,000円で買うとそれらのうち好きな4つを歩いたり、無料のバスを利用して入ることができる。最初の入ったのが郷土資料館。木彫り品や祭りの調度品など、湖北地域に残る美術作品が展示されているのだけど、ここでは火縄銃などを実際に手にすることができるのだ。持ってみたら、想像以上に重いこと。こんなものを使っていたんだなぁとびっくりだ。鎖帷子は想像通りだけど、こんなの着けていたら肩凝りしたんじゃないなぁ。笠は逆に想像以上に軽い。裏返すと朱塗りになっていて、和紙を何層にも重ねて漆を塗ったものだそうだ。

郷土資料館
住所:滋賀県長浜市元浜町8-22 電話:0749-65-4141
開館:10:00-17:00 閉館:火曜 料金:大人500円、小人300円

郷土資料館のあとは、本命の海洋堂のフィギュアミュージアムへ。ここは別記事で詳しくレポートをこちらに掲載済み。

fasard_hikiyama-m.jpg hikiyama_hikiyama-m.jpg

hikiyama_t2_hikiyama-m.jpgその後は、曳山博物館へ入ってみた。曳山ってのは知らなかったのだけど、400年以上の歴史がある日本三大山車祭りの一つなんだそうだ。ここでは実際に使用する山車を間近で見ることができるんだけど、なかなかの迫力だ。長さが大きいもので9m、高さが7m重さが約5-6トンあり、当時の著名な名工や画人を長浜に招き、曳山を飾る象嵌細工や舞台障子を造らせたそうだ。曳山まつりの特徴は、5歳から12歳までの男子が熱演する歌舞伎にあるんだそうだ。一回りしてから併設されているカフェでコーヒーを飲みながら一休み。

曳山博物館
住所:滋賀県長浜市元浜町 14-8 電話:0749-65-3300
開館:09:00-17:00(入館16:30) 休館:12/29-1/3
料金:大人600円 小人300円

daitsuji_street.jpg daitsuji_street.jpg

商店街の中も外も昔懐かしい建物。夢蔵人って店の入り口にちょっと雰囲気のある傘があって1,050円は安いなぁと思ったら、なんと全商品が1,050円だ。着物やバッグは陶器なんかいろいろあって、これはなかなか楽しい店だ。通りを折れていくと仲見世みたいな雰囲気もあって突き当たりには大きな寺がある。長浜御坊大通寺。おばあさんが鳩に餌をあげていたのだけど、頭から肩に鳩がいっぱい群がっていた。

yasai_r_081121.jpg shop_soba_fasard_huba.jpg

長浜は高月よりだいぶと気温は上なんだけど、地元の人はブルブル寒そうだ。私はと言えば、冷たくはあるけど、気持ちがぴしっとして気持ちがいい位。

01_kurokabe-m.jpg 03_kurokabe-m.jpg

06_kurokabe-m.jpg無料パスポートの最後の利用は、黒壁美術館だ。黒壁と言えばガラスと言う位だし、見逃す訳にはいかない。古代から現代までのガラスのアート作品を、時代や作家ごとに伝統的な商家を利用して各部屋に展示されている。ボヘミアン・ヌーボーを確立したレッツ工房の作品など、世界の作品約100点が常設展示されているので、ゆったりと美しいものが鑑賞できるのでおすすめかな。

黒壁美術館
住所:滋賀県長浜市元浜町11-23 電話:0749-65-2330
営業:10:00-17:00 休館:年末
料金:大人600円/小人400円

udon_katsu_zen_chirimentei.jpg

udon_chirimentei.jpgさて、ランチはどうしようかなと思いつつ目についたのが、シルクパウダー入りのちり麺うどんってやつだ。この店は近江牛などもあってそれなりの店なんだと思うけど、月・金はワンコインランチなんてのがある。今日は金曜だ。そのうどんと天ぷらやチキンカツ、カツ丼のセットなどが500円とはお得そうじゃないか。ってなことで、入ってみた。注文したのはちり麺うどんとカツ丼セット。惣菜も3種類お皿に添えられてきた500円とは思えない見栄えだ。ちり麺うどんは、讃岐とも関西のとも違ってやや細めの独特の弾力のある麺で喉越しもいい。小さめの丼とは言え、カツも厚みがありしっかりとしたボリュームで汁も美味い。惣菜もそれぞれ味付けが違っていて、辛し酢味噌のものなどいい感じだった。と言う訳味、量、値段ともに満足。

fasard_chirimentei.jpg大手門や ちり麺亭
住所:長浜市元浜町7-14
電話:0749-63-3899
営業:11:00-17:00
定休:水曜 店のホームページ

このあと、北国街道を歩きながら、長浜浪漫ビールへ。10年程前にできた地ビールの工場兼ビアホールのようなところ。ここは別記事で、こちらに詳しく掲載済み。

momiji_keiunkan.jpg

長浜浪漫ビールを出たら、すぐに踏切があり、それを越えると長浜鉄道スクエアがある。その向かいが慶雲館で芭蕉の句碑があるところでもある。中には入らなかったけど、ここも紅葉スポットだ。

zenkei_n-rail-s.jpg d51_fr_n-rail-s.jpg

旧長浜駅舎は、現存する駅舎としては日本最古のもので、第1回の鉄道記念物に指定されているそうだ。英国人技師が設計した洋風2階建で、駅長室や待合室など、当時の面影をそのまま残していて異国情緒に溢れている。この旧長浜駅舎と長浜鉄道文化館に隣接してる「北陸線電化記念館」を合わせて「長浜鉄道スクエア」と呼ぶようだ。長浜鉄道文化館では、長浜の鉄道史を紹介しているほかに昔の駅弁のラベルやお茶入れなどがたくさん展示されていてなかなか楽しくも懐かしい。

d51_panel_n-rail-s.jpg

北陸線電化記念館には、北陸線で活躍した歴史的車両「ED70形1号機交流電気機関車」と「D51形793号機蒸気機関車」が展示されているのだけど、これが大迫力だ。D51には運転席にまで昇ることができて、鉄道ファンならずともとても興味深いものだ。

長浜鉄道スクエア
住所:滋賀県長浜市北船町1-41 電話:0749-63-4091
開館:09:30-17:00 休館:12月29日-1月3日
料金:大人300円、小・中学生100円


朝から市内をあちこち巡ったけどそろそろ沖縄に戻らないと行けないので、ホテルで荷物を受け取り、15時過ぎの列車で三宮へ向かい神戸空港へ。


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET




人気blogランキングf
ラベル:史跡 長浜市
posted by rio at 18:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 県外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
こちらは「長浜観光協会」サイトを運営しております(株)プロクルーの岩根と申します。
このたびは、長浜に来ていただきましてありがとうございます。
ブログを楽しく拝見させていただきました!
「長浜観光協会」(http://www.nagahamashi.org/)の「長浜に来られた方のブログ」と当社運営のブログコミュニティサイト「コブログ」の「旅ブログ」(http://dp10063051.lolipop.jp/ko-blog/)では、観光に来られて長浜・北近江のことを書いていただいている貴重なブログをサイト上で紹介させていただくことにより、これからこちらに来られる方の参考にしてもらいたいと考えています。
そこでもしご了解していただければ、こちらのブログを掲載させて頂きたいので、コメントかメール(info@e-ohmi.net)でお返事をいただければ嬉しいです。
また、このブログのおじゃまをしてしまいました場合は、たいへんお手数ですがこのコメントの削除をお願いいたします。
Posted by プロクルー at 2008年11月26日 17:03
長浜観光協会からコメントがあるとは思ってなかったです。
ブログの掲載ですが、記事へのリンクでしたら、ご自由にどうぞ。
他に、海洋堂と長浜浪漫ビールの記事もあります。
Posted by rio at 2008年11月26日 18:57
ブログの掲載許可をいただきありがとうございました!
早速掲載させていただきました。
他の記事もリンクさせていただきました。
「長浜観光協会」の「長浜に来られた方のブログ」(http://ns.nagahamashi.org/blog.htm)
「コブログ」の「旅ブログ」(http://dp10063051.lolipop.jp/ko-blog/)
お時間のあるときにでもご確認ください。
またぜひ長浜へいらしてくださいね☆
プロクルー 岩根
Posted by プロクルー at 2008年11月27日 10:15
こちらこそありがとうございました。
次行く時は、鳥喜多の親子丼が食べたいです(^^
ラーメンの美味い店があったら教えてくださいね。
Posted by rio at 2008年11月27日 10:57
鳥喜多さんは本当に人気ですね!!
支店の方はそこまで混んでないようです。
あまり詳しくなくて申し訳ありませんが
ラーメンでよく聞くのは、長浜病院の近くの梅花亭や彦根の本気(マジ)、湖北町の麺やジョニーなどですかね。
こちらに来られた際には是非試してみてください(^^)
Posted by プロクルー at 2008年11月28日 16:21
鳥喜多さんの親子丼は美味そうですね。生卵が載っているのは珍しいですよね。

ラーメン屋さんは調べたところでは梅花亭が私の好みかなと言う感じですが、来来亭の限定ネギラーメンも美味そうですね(^^
Posted by rio at 2008年11月28日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック