2008年11月22日

BAR DAH NAH(ダーナー)

shtter_dahnah.jpgBAR DAH NAH(ダーナー)
住所:那覇市安里393-4 でいごビル1F
電話:098-887-3889
営業:19:00-02:00
定休:日曜

BAR DAH NAH(ダーナー)と聞いて懐かしいと思う人も多いと思う。20数年前にバーバリーコーストと同じ頃オープンした本格的なバーで、沖縄のバーの草分け的存在の店の一つ。当時は、大道交差点から少しおもろまち駅へ昇る坂の途中にあって、かなり広い店だった。

通い始めた頃はお客さんも余りいなくて長いカウンターに友人と二人だけってことも多かったのだけど、そのうちなかなか入れないこともある人気店になっていった。お客さんを徹底的に選ぶバーバリーとは対照的に来る者拒まずって感じだったかな。マスターの名前が當山さんだと知ったのは2年くらい経ってからだ。ある時、1年ぶりで訪ねた時、何も言わないのに以前キープしたバーボンが出てきたので感激したものだ。

仕事が北谷の方がメインになって足が遠のいていたら牧志駅の近くに移転して、そこへは1度行ったっきり。その時はマスターは変わっていて、當山さんはどこへ行ったのかと尋ねたら、すぐ近くだと言われて訪ねて行った覚えもある。ただ、前の面影がなく残念だなと感じて店の名前も忘れてしまっていた。最近その店が栄町のワルツって店だったことが分かった。今ならすぐに行っただろうと思うけど。

で、牧志のダーナーが閉店したのは風の便りに聞いていたのだけど、先日栄町を歩いていると偶然、シャッターにダーナーの文字見つけて驚いた。名前だけなら同名かとも思うけど、マークまで最初の頃と同じじゃないか。早速、調べてみると最初の店のマスターだった當山さんが自分が作った店だからきちんと後始末をしないといけないからとかで再開したらしい。 これはすぐに行かないといけないと思いながら、2週間程経ってしまったのだけど、滋賀からの出張の帰り、空港から直行してみた。

in_all_dahnah.jpg

一見入り口に見えるところは青いシャッターが閉まったままで、ありゃ、開いてないのかと一瞬が呆然としたのだけど、左手の方にぼんやりと灯りが見える。そちらに廻ってみると一見普通のドアがあるので、迷わず開けてみた。あっ、開いている。それにちょっとやせたようだけど當山さんじゃないか。

in_back2_dahnah.jpg8人程座れるカウンターとスツールが2、3組ある小さな店だけど、天井は思いのほか高くボトルが天井の上の方まで並んでいる。カウンターはほぼ満席だけど、少し空けてもらって座る。お互い、お久しぶりですねと長いブランクが一気に縮まった瞬間。なんとも懐かしく嬉しいひと時。

suntory_malts_dahnah.jpg

まずはビールをいただいたのだけど、さすがにサーバの手入れもよく、サントリーのモルツがまた美味い。今は一人なので乾きものしかおつまみがないのだけど、當山さんが作るチキンプロシェットをまた堪能してみたいものだなとも思う。

elijah_craig_bottle_dahnah.jpg

bourbon_eljah_dahnah.jpg二杯目は、昔よくダーナーで飲んだバーボンの中から、ELIJAH CRAIG(エライジャクレイグ)をチョイス。シャッシャと手際よく氷を丸く削ってからロックグラスに入れてくれる。バーボン特有の甘く芳醇な香りが広がる、力強くも優しい味だ。

店自体は、昔のダーナーの雰囲気とは違うけれど、バーの本質はやはり、マスターにある。ここはやっぱり、ダーナーそのものだ。今度はゆっくりとやってくることにしよう。


大きな地図で見る (那覇市全域の情報が見れます。 β版)おきぐるマップ本島全域版

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト Apple Store(Japan) ゴージャス&キュート!
キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET




人気blogランキングf
ラベル:沖縄 バー 栄町
posted by rio at 01:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!rioさん、ダーナーご存じだったんですね。うれしいです、何を隠そう私もオープン当初からのファンで、学生時代はまちがいなく毎週顔を出していて、卒論の頃には連日のようにお世話になっていました(ちゃんとお金を払ってたかどうか記憶があやふやですが^^;)。マスターの清さんには私の結婚式にも来て頂いたりして、私にとっては半ば心の師匠みたいなものなんです。写真のイライジャ・クレイグも実は数少ない1本を先日私が封を切ってもらったものだと思います。バーボンの父の名を冠するにふさわしい、いい酒ですよね。
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月25日 23:34
黒剣龍さんもファンでしたか(^^
私が最初に行ったのは20代の後半だったかなぁ。
新しいのに懐かしい店が再び現れて嬉しいですね。
いつかばったりとお会いできそうですね。
Posted by rio at 2008年11月26日 09:48
こんにちは(^o^)/

「DAH NAH」への思い入れが伝わってくる記事ですね!
バーボンロックの写真!、懐かしいです!!
昔「地球を飲む!」ってフレーズのCMがあった事を思い出しました。
Posted by さーるー at 2008年11月26日 12:57
さーるーさん、「地球を飲む!」ありましたね!南極の氷を丸く削って「?億年まえ」の氷の中に封じ込められた泡のチンチンいう音を聞くっていうヤツ。ああ、たまらない。スリーフィンガー・ノーチェイサーとか生意気言ったり、JTSブラウンでポール・ニューマン気取ったり。今から20年ほど前はバーボン一辺倒でしたね。
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月26日 22:17
私の大学の恩師は、南極越冬隊の隊長を2回したことがあって、大学時代その氷をお土産にもらったことがあります。ただ当時、それを楽しむ程の歳ではなかったのが残念(^^;

私が酒を飲み始めてしばらくした頃、バーボンが飲みたくても沖縄では余り出してくれるとこがなかったんだけど、当時あったニッカバンクでいろいろリクエストして取り寄せてもらった思い出がありますね。
その頃、夜中まで仕事してから、朝まで飲むって生活を1年位したなぁ(^^;
Posted by rio at 2008年11月26日 22:37
唯一名前だけ知っているのが「永田武」隊長。でもかなり昔の方なので・・・?でも、この方、確かT大の教授していらしたのでは?ともかく、南極越冬隊の歴代隊長はなんだかんだで国家機関のエリートですよね、ばんからの。・・・凄い。
ニッカバンク覚えていますよ。安里の角あたりの広い店でしたよね?
Posted by 黒剣龍 at 2008年11月27日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック