2008年12月19日

惠海(けいか)

shio_zen_keika.jpg惠海(けいか・恵海)
住所:浦添市安波茶3-4-7
電話:098-875-4000
営業:11:00-15:00、17:00-23:00
定休:未定(年内は、無休)

惠海は、昨日12/18にオープンしたばかりのラーメン屋。前は1度しか行かなかったけど中華キッチン侑だったところ。中休みが終わった17時ちょうどに訪れた。もうちょっと待ってねと言われて店頭のベンチでちょっとだけ読書。

menu_keika.jpg

fasard_keika.jpg 店内は、侑の時とレイアウト自体は、変わってない感じ。左のキッチン手前に7席程のカウンターと反対側の窓際にもカウンター。右にはテーブル席。多分奥には座敷もあるんじゃないかな。入ってすぐに小さな券売機が置いてあるが、目立たないのでそのまま席に着こうとしてしまった。この券売機は、がんじゅう家のと同じじゃないかな?メニューは基本的に塩と醤油ラーメン。一口餃子や豚めしは珍しくはないけど、ゴーヤーの押し寿司は珍しいね。さて、初めてだし塩にすることに。味玉入りやチャーシューもあるけど、スタンダードなものをチョイス。スタッフは男性2名に女性2名。

shio_keika.jpg

ちょっと時間がかかって出て来たこれが塩らーめん650円。アーサが入っているのとパプリカの赤がアクセントになっている。鶏の出汁がしっかりときいていて、その香りの良いスープ。やや不自然さを感じる甘みがあるけど、まろやかな味だ。しかし、これでもかって量の鶏油?が膜を貼っていてすごく油っぽい。あっさりなのにくどいと言うかなんかアンバランスな感じ。油っぽいのが好きな人にはいいのかもしれないが。

shio_z_keika.jpg

spice_z_keika.jpg麺は中細で柔らかめだけど、ツルツルとした食感で喉越しは、良い。チャーシューは薄いのにパサつきがあって安っぽい感じ。チャーシュー麺にしなくてよかった。アーサを塩ラーメンに入れる店は何軒かあるけど、ここのはスープを邪魔していないと思う。邪魔してないと言うよりこの油っこいスープの中では余り存在感がないと言った方がいいのかもしれない。色が余りよく無くて最初見た時は海苔かと思った。もう少し色が良いとパプリカとのコントラストもよさそうだ。余りの油で、途中でギブアップしようかとも思ったけど、胡椒とフライドガーリックを加えてみて完食。shio_fin_keika.jpg折角のスープなんだし、もうちょっとキレのある塩味を期待したいなと思う。こってりな塩が好みの方にはおすすめだと思う。それにしてもこの周辺はちょっとしたラーメンストリートだ。屋富祖大通りにもあるけど、はるや、昇家にたっちゃんラーメンの中間に位置している。駐車場が店頭に2、3台しか停められないところが弱点かも。

知人によるとここの方は、ちばき屋で修行されたようだ。初めて聞いたけど、調べるといわゆる昔懐かしい系のお店のようだ。すると醤油の方がよかったのかもしれない。普段着感覚のラーメンともあるけど、その割には値段はちょっと高めだ。またしばらくしたら行ってみることにしよう。

※7/6付けで「皆様にご支援頂いていました 恵海らーめんですが、残念ながら、閉店となりました。 他店舗の移動も考えておりますので、また、この味で楽しんでいただけるよう精進いたします。来店していただいた皆さん誠にありがとうございました!」ってのを発見したからどうやら閉店したようですねぇ。またどこかで開くのかなぁ。


浦添市全域の情報マップ おきぐるマップ本島全域版

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





人気blogランキングf
posted by rio at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 浦添市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私もオープン初日の11時にたまたま居合わせて、入店先頭から4番目で塩ラーメンを食べてきました。しつこい感じは鶏油というよりは背脂だと思いますが、確かにたっぷりでした。おそらくアーサは冷凍をもどしたものだと思いますが、背脂を吸ってしまってせっかくの海の香りが完全に負けてましたね。塩のとがった感じを丸める働きはしていたと思いますが。でも、油は置いといて、スープは上出来だと思います。ちばき屋は行ったことありませんが、東京の醤油は個人的には、マニアックですが浜田山の「たんたん亭」の支那そばが好きですね。
Posted by 黒剣龍 at 2008年12月20日 14:55
背油でしたか。特有の粒々が浮かんでなかったので違うのかなと思ったです。食べてると端の方が固まって膜になって掬えそうな感じでしたね。アーサは乾燥させたものかもしれないですね。塩気はほとんど感じなかったのでなくてもいいのかなぁとも思ったりします。確かにスープはよく出汁がきいているなと思いますね。今後に期待します。
Posted by rio at 2008年12月20日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック