2009年01月08日

康楽飯店

gyudon_ramen_zen_kouraku.jpg本場中華料理 康楽飯店
住所:うるま市田場129
電話:098-974-2110
営業:11:30-22:00(L.O)ランチは15時まで
定休:水曜


康楽飯店は、うるま市の前原高校のすぐ近くにある中華屋。ここには来るのは10年ぶり以上だと思う。まだ娘が小さく、確かベビーカーで近くの野鳥公園の帰りに寄ったような気もするし、もっと前だったかもしれない。当時はまだ未舗装の道が前を通っていて砂埃が舞っていたような記憶がある。今はすっかりといい道になって建物も増え、どこにあったっけなと捜したくらいだ。

fasard_kouraku_h.jpg in_kouraku_h.jpg

さて、中に入ってみると意外と広いが、記憶には全くない。でも食べたのはあんかけの焼きそばだったような憶えはある。L字型の座敷には円卓が4つ程配置されていて、中央に丸テーブルが3つ。キッチン前にも座敷があるんのでそちらに座ってみた。おばさんに、もう何年になりますかと聞いたら8年位と言う。10年位だったかしらねぇ。えと、10年位前に来た事あるんだけど、開店したばっかりだったんですかねぇ。しばらくしたらキッチンの中の人に聞いたらしく15年になると笑いながら訂正してくれた。年が過ぎるのは早いわねぇ。ほんとだね。

menu_kouraku_h.jpg

メニューは写真以外にも豊富で、もちろんコースメニューなどもある。ラーメンが370円。安っ。同じ値段で沖縄そばが2番目にあったりする。で、3番目がソーキそばだけど、排骨麺とあるので麺は中華なのかもしれない。その下からは多分全部中華だと思う。チャーシューや五目が575円とこれまた安い。変わったところではエビ天ぷらそばなんかもあるね。私が昔食べたのは芝えび入り焼きそばだったかもしれない。この中では一番高い735円。さて、何にしようかと思ったのだけど、ちょうどランチタイムだったので、牛丼とラーメンセットを頼んでみた。630円。日替わりで4種あって、他にニラレバ、魚の甘酢、豆腐チャンプルーがあり、それぞれ飲み物付きで同じ値段だ。

ramen_zen_kouraku.jpg

ramen_z_kouraku.jpgこれがセットのラーメン。食紅で色づけされた懐かしいチャーシューに、ほうれん草とメンマにネギといったシンプルな醤油ラーメン。最初に爽やかな酸味と甘みが来て醤油の風味が後を追いかける澄んだ味のスープ。柔らかでストレートな細めの麺は、コシはないけど少し弾力があってこの優しいスープとの相性は悪くない。

gyudon_zen_kouraku.jpg

シンプルなラーメンとは対照的にとても具だくさんな牛丼。丼とラーメンのセットはいつもあるようで、丼が中華丼になったりするようだ。これは、細切り牛肉がたくさん入った中華丼といったところだろう。白菜、ほうれん草、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、タケノコ、シイタケ、タマネギにリンゴなどが入っていて、餡のとろみ加減も味付けもとてもよくてご飯ととてもあっていて美味い。食べていると生の生姜が時々ガリッとして、香りと辛味が広がってさらに美味い。

gyudon_ramen_fin_kouraku.jpgラーメンと交互に食べていったのだけど、どちらも味を邪魔することなく最後まで美味しくいただけだ。こういうのなら毎日普通に食べ続けてもいいかもと思わせてくれる料理。お腹いっぱいになったけど、苦しくはないし、次は何にしようかなと楽しみな気分にしてくれるね。



うるま市・金武・宜野座全域の情報がマップおきぐるマップ本島全域版

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) rio's collection 手元に置きたいDVDと本 モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。

rio'sおすすめブックコレクション by Amazonダウンロード販売ならDL-MARKET





人気blogランキングf
posted by rio at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | うるま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック