2009年11月15日

野嵩の石畳2

myleg_nodake_ishidatami.jpg北中城のインターチェンジ入り口から琉大方面へ抜ける県道29号線の斜面にひっそりとあるのが野嵩の石畳だ。下りると高速の下を抜けて登又へ抜ける道に繋がる。この石畳のことは3年程前にここにも書いたのだけど、その時は上まで登っただろうか?

up2_nodake_ishidatami.jpg

元は120メートル程あったらしいが今は下半分の60メートル程が残っているだけなんだけど雰囲気は残っている。今回は松葉杖で登ってみた。以前浦添の当山の石畳を雨の日に下りたことがあるんだけど、意外と滑りにくく作られているものだと思ったし、今日は濡れていないし気をつければ大丈夫だと判断した。

all01_ishidatami.jpg

kousoku_rikkyo_nodake_ishid.jpg足元に十分注意を払えば松葉杖でもそれほど苦労しないで曲がり道の最後まで登ることができた。ただ傾斜は最後の方はやや強くなったかなと思うし、県道29号線への入り口の部分はちょっと大変そうだ。それもあってUターンしてここから下って下りることにした。

この位置からは高速もよく見る事ができる。道ってものの移り変わりがはっきり感じられる風景でもあるなぁ。

misage_nodake_ishidatami.jpg

登る時に最後の方は傾斜が急な感じだと書いたけど、それは下りる段になってさらに強調される。慎重に登っては来たけど、ちょっと甘く見たかなとも思い、やっぱり登りきってしまうかとも考えたけど、しばし検討してやっぱり下りることに。登る時よりさらに慎重にゆっくり下りて行く。

sotetsu_z_nodake_ishidatami.jpg sotetsu_nodake_ishidatami.jpg

登る時にはよく見てる余裕もなかったソテツの木を今度はじっくりと見てみた。一休みにもちょうどいい。最後の方は傾斜も緩くなり楽だったけど、最後まで気を抜かず無事下まで到着。

all02_ishidatami.jpg

この後は高速下の川沿いを歩き城東寺の横を通り高速の上の高架橋を渡ってみた。このことはまた今度書く事にしよう。さて、登又から坂を上って安谷屋の三叉路から野嵩に抜けて帰ったのだけど、その途中で石畳の上の入り口をちょっと覗いてみた。入り口の横にアパートがあってその階段の踊り場から見てみたのだけど、やっぱり登らないで下りたのは正解だったかも。この降り口はちょっと危なさそうな感じだ。昔の人はこことか、或はもっと上の場所で一息ついてこの景色で旅の疲れを癒したりしたのかもしれないな。

前回の野嵩の石畳の記事を読む


宜野湾市全域の情報マップおきぐるマップ全島版


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

posted by rio at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック