2009年11月18日

まるよしの秋限定鶏塩麺

torishio_maruki.jpgらーめん まるよし
住所:宜野湾市普天間2-6-2
電話:098-893-2228
営業:11:30--20:00(売り切れ次第終了)
定休:日・祝

menu4_maruki.jpg zashiki_table_maruki.jpg

とうとう久しぶりにまるよしに行ってきた。先頃受けた手術の傷も少し癒えてきたし歩く練習も必要だし、ともかくその方面に向けて歩きだしてみた。うん、これなら行けそうだ。ってなうちに懐かしい店にたどりついた。扉を開けようと苦戦しかけていたら店の方がすぐに開けてくれた。ちょうど4時過ぎなので店内は空いていた。ここの座敷はほとんど床と同じ高さだし、はじっこのテーブルなら装具をつけている私でも座れたかも。でもカウンターの方がやっぱり楽かな。

torishio_maruki.jpg

さて、カウンターに座ったらすぐに振り返って壁のメニューをみる。つけ麺も食いたいとこだけど、美味い塩に目がない私は、やっぱり秋限定の鶏塩麺720円をチョイス。
期待のハードルを上げ過ぎた感があってちょっと物足りないと言うか期待外れ?と言う意見があって、たまたまそれを見ていたのでハードルは多分最初から上がってはいたんだと思うけど、味はさらに上を越えてくれた。つまり期待以上の美味さだったってこと。美味い!

torishio_zzg_maruki.jpg

とてもまろやかで旨味と甘みのある塩味。シコシコで太麺に近い、多分16番手くらいの与那覇食品の麺は歯ごたえもよく、茹で加減も寸分の狂いもない。塩だと細目の麺だったりするところも多いけど、ここの太麺はしっかりとしながら優しいスープがよく絡み文句ないマッチングだ。

控えめながら味のついた半熟玉子は、スープに溶け出したりして邪魔をしない絶妙の熱の入れ方だ。シコシコな食感を残しながら柔らかい分厚いシナチクは他の店ではなかなかお目にかかれない逸品。スープの味を邪魔せず、さらにアクセントと変化までつけてくれるネギと鰹節を合わせた薬味。糸唐辛子と白髪ネギのトッピングとほうれん草?に鶏肉のそぼろが添えられ、もう言うことないなぁ(^^ もう一杯食べたいくらいだ。

torishio_fin_maruki.jpg店主の方はいなかったけど、新しい男性の方かな?感じのいい方がいた。もう一杯食べながらおしゃべりしてもいいかなぁとか思ったまるよしだった。

ちなみに今まで一番美味いと思った塩は、通堂西原店の4周年の限定牛しお。ただ文句なく美味いのだけどかなり洋風に傾いている感じはする。和のラーメンとしてなら、今回のまるよしの塩も決して負けてない。今度はキャベツとかチャーシューをトッピングしてみた気もするし、やっぱりつけ麺も食いたいしなぁ。きっと悩むぞ(苦笑

まるよしの過去の記事
らーめん+塩玉子つけ麺辛ネギラーメン夏期限定冷しネギそば
チャーシュー麺・生姜ごはん・冷やしネギそば・つけ麺
秋限定味噌らーめんつけ麺+香味キャベツ



宜野湾市全域の情報マップおきぐるマップ全島版



【特別企画】ご縁(5円)辛ラーメン【特別企画】ご縁(5円)辛ラーメン

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


posted by rio at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック