2009年11月28日

ゲンキそば

soba_s_genki.jpgゲンキそば
ホッとする普通に美味いそば
住所:宜野湾市真志喜1-13-20
電話:098-897-9795
営業:_ 定休:_

fasard_genki.jpgゲンキそばは、宜野湾市大山・市立博物館近くにある沖縄そばの店。こんなところに店がいつのまにか出来ているのはつゆ知らなかったけれど、牧港から普天間まで松葉杖をつきながら帰る途中で発見。
店頭にはなにやらハロウィン風な人形もあったりとアヤシい雰囲気が漂っている。パーラーみたいな感じでもあるけど、入り口は普通のアルミの引き戸って感じだったりするし、沖縄そばと島□ーメンと看板にあるけど、□の中はどうもラのようにも見えるし、何だろう?

in_genki.jpg menu_vending_genki.jpg

ラーメンがあればそれを試すのもいいかなと思いつつ昼時を過ぎているし入ってみる事に。中は意外と広いし、普通の食堂っぽい。入ってすぐ左は小さな座敷になっていてその奥が4席程あるカウンターと厨房。右には6人用テーブルが1つに4人用が3つある。ここは食券を先に買うので、マーミナそばも気になったけど、とりあえず沖縄そばの小400円(普通のは500円)を注文してみることに。

soba_s_z_genki.jpg

これが沖縄そば小400円。割りと細かく刻まれた軟骨ソーキと錦糸卵とネギがトッピングされている。紅生薑はデフォルトでトッピングされていなくてポットで供される。これは嬉しい。最初からトッピングされているのは汁の味が変わったりするからね。ランチタイムなので稲荷もついてきたのも嬉しいかも。

soba_s_men_genki.jpg

さてまずは汁を。割とあっさり目ですっきりとした味だと思う。麺は照喜名(てるきな)のものらしいけど、縮れがかかったやや太めの平麺だろうか。soba_s_fin_genki.jpg茹で具合がいいせいか、クニュクニュとしたコシのある食感がいい。稲荷も控え目な甘みがあってそばとの相性もいい感じ。全体として際立った個性があると言う訳ではないけど、普通に美味く、ホッとするような感じと言えるかも。機会があればまた食べてもいいかな。
あ、□の秘密を聞くのを忘れた(苦笑 あとで人から教えてもらったところによると、プレハブを移築して建て直した店舗なので 以前の看板をそのまま使っているだけみたいらしい。以前の看板をそのまま使っているってのはともかく、以前はラーメン出していた店だったのかなぁ? さらに興味は湧く?次に行ったら聞かなくっちゃね。

宜野湾市全域の情報マップおきぐるマップ全島版



[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
ラベル:沖縄 沖縄そば
posted by rio at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック