2010年02月18日

沖縄つけめん でんべえ

shiotsuke_denbee.jpg沖縄つけめん でんべえ
住所:那覇市金城5-11-7
電話:098-857-6776
営業:11:30-15:00 18:00-22:00(土・日・祝は21時まで)
定休:水曜

空港からの帰りにジャスコの近くの沖縄つけめん でんべえに寄った。去年の12月にオープンしたばかりのようで、今月号のおきなわ倶楽部に半額券がついていたので昨日ファミマで買っておいたのだ。
塩つけ麺650円が330円になるので、それだけで元がとれる?
もう終わってしまったラーメン屋やレストランも多いけど、今からでも使えるとこも多いしね。

それはさておき、どうして、でんべえなんだろう? そう言えば知花にはじんべえと言う店もできたらしいし。
で、人の名前なのかと聞いてみたら、大将のお父さんの名前らしい。で、その名前を継ぐのが決まりらしいとか。とは言え、家系がラーメン屋さんって訳ではないそうだ。

shiotsuke_gyoza_denbee.jpg

seimenki_denbee.jpgさて、自家製麺だからできるんだろうけど、並も中も大盛りも同じ値段だそうだ。
大盛りってどれくらいと聞いたら沖縄そばの一袋をイメージしてくれたらいいと言うのでちょっとためらったけど、つけ麺は好きだし汁はないから大丈夫だろうとそれにしてみた。

shiotsuke_men_denbee.jpg

かなりのボリュームだ。
漬け汁を一口飲んでみたら、とても魚介の香りがよく、ほのかな酸味とやさしい甘みがあるまろやかな塩味。粟国の塩を使ってるそうだ。
麺はストレートな中太で、つるりとして喉越しがとてもいい。優しい感じのする麺だけど、同時に力強さもあってコシは強めだと思う。私自身は、もうちょと強くてもいいかなとも思うけど、このスープにはこれくらいでいいのかもね。

shiotsuke_siru_denbee.jpg

多分並から中くらいならこのスープで何の問題もないと思うけど、大盛りとなるとさすがに最後の方はスープが息切れするみたいだ。テーブルにあったタレを加えると変化はでるのだけど、普通の醤油ベースのタレにはいいと思うけど塩にはちょっとあわないかもね。
shiotsuke_fin_denbee.jpgでもまぁ、なかなか美味いつけ麺だったと思う。ただもうちょっとひっかかりと言うか個性がはっきりしているともっといいかも。今後に期待しよう。

※2010年10月閉店したようだ。


那覇市全域の情報マップおきぐるマップ



行率のできるラーメン店の味がここに集結



[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


ラベル:沖縄 ラーメン
posted by rio at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック