2010年05月28日

拓洋のサーターアンダギー

fasard_takuyo.jpg琉球薬膳家庭料理 拓洋
住所:〒900-0016 那覇市前島1の6の7
電話/ファックス:098-866-6783
営業:16:00-24:00
定休:日 12月30日-1月3日

拓洋は久しぶりだなぁ。たまたま那覇まで出かける用事があって近くまで来たのでまだ開店前だったけどちょっとお邪魔してみた。

大将に会うのもすごい久しぶりだけど元気そうだ。店も思い出の中にある通り。壁に貼ってあるハンダマーのサラダが食べたくなってしまうなぁ。

ちょうど女将さんがサーターアンダギーを揚げている最中だった。そういえば入院中も女将さんが揚げる美味いサーターアンダギーの話は聞いていたんだった。

andagi_fry_takuyo.jpg

ちょっと奥を覗いたら美味そうなアンダギーが鍋の中で踊っている。さぞかし油の匂いがするんだろうなと思ったけど、意外にそんなことはなくて爽やかでさえある香りが漂ってくる。あれ?と思って女将の多美子さんに後でたずねたら、国産ナタネ油100%だからなんだそうだ。それに1度揚げた油は必ず漉して2/3を新しいものと交換しているんだとか。だから酸化匂がしないんだなぁ。濾した油は業者が引き取って新しい油に生まれ変わって他で使われるんだそうだ。

andagis_takuyo.jpg
andagi2g_takuyo.jpg

粗熱をとるためにテーブルの上のざるに並べてあったのを1つカットして食べさせてもらった。
確かに美味い。外はカリカリっとしていて中はしっとりフワっとしていると言うと単純な表現だけど、爽やかな香ばしさもあるし、きめ細かい美味さだと思う。お店では6個500円で売ってるそうだけど、これなら決して高くない。
家族にも食べさせようと思いお土産で買ってかえることに。
久しぶりだしこのまま夜の食事をしたいとも思ったけど、用事も残っているし、それにちょうど予約が入っているってことで無事帰宅することができた(苦笑 今度ゆっくりとやってくることにしよう。

andagi_frys_takuyo.jpg

翌日、家族で食べてみた。冷めたままのをまず食べたけど、しっとりと落ち着いた感じで美味い。できたてよりむしろいい感じさえするし、オーブントースターでちょっとあっためてもいいね。最近はゴマ入りやら紅芋入りやらいろいろあるけど、やっぱりこのプレーンなのが私は一番だなぁと思う。お茶や紅茶やコーヒーにも合うなぁ。拓洋のデザートにもいいだろうし、近いうちに料理と泡盛にアンダギーを楽しみに行こうっと。

※あ、女将さんが言うには電話かファックスで注文したら送料代引きで送ってもくれるそうだ。本物のサーターアンダギーを食べるチャンスだね。

拓洋の過去の記事
薬膳料理すっぽん鍋うつぼ ┃牡蛎鍋 ┃薬膳料理2鹿鍋と鯨本マグロのステーキ


那覇市全域の情報マップおきぐるマップ

行率のできるラーメン店の味がここに集結

posted by rio at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック