2010年08月18日

カフェくるくま-ディナーセット

tomuyamuramen_kurukuma10080.jpgカフェくるくま
住所:南城市知念字知念1190
電話::098-949-1189
営業:10:00-22:00(火曜のみ18:00まで)
定休:無し(火曜のみ一部メニュー限定)


これも8/8(日)のこと。ガンガラーの谷のあとは、夕食でくるくまに向かう。近道もあるとは思うけど、海岸通りから行くのが確実だしニライカナイ橋を通ることもできる。あいにくの天気だったけど、上っていく道は気持ちいいな。山の斜面に道ができているみたいだけど、そば屋の人が作っているとかと、あとで行ったくるくまの警備員の人が言ってたな。

niraikanai_bridhe_c100808.jpg

niraikanai_bridhe_l100808.jpg久しぶりに、トンネルの上の横道にクルマを停めて歩道を歩いてみた。
青空があればいいんだけど、この天気でも雄大な景色が広がってくれる。

しばし景色をながめ風に吹かれてから、くるくまへ。
2月に父と母と妻と来て以来で、娘は初めて。


redcurry_z_kurukuma100808.jpg

娘はレッドカレー。妻は前に食べて美味かったトムヤムクンラーメン。わたしはセンレックナーム(タイラーメン)にしようかと思ったのだけど、同じ麺よりはと、ディナーセットの海老フライセットに。

tomuyamuramen_z_kurukuma100.jpg

redcurry_kurukuma100808.jpgトムヤムクンラーメンも美味かったらしいけど、前に美味いと思ったのはレッドカレーの方だったようだ。
普通のタイカレーは辛過ぎるらしいけど、ここのレッドカレーは甘さがあるから。
もっとも一番辛いグリーンだって辛くなかったからなぁ。
ただ今回のトムヤムクンカレーは酸味もあるけど、結構ピリピリしてたな。

dinnera_ebifry_kurukuma1008.jpg

で、ディナーの海老フライセットは、海老はうまかったけどあとはイマイチだったなぁ。特にパッタイ(タイ風焼きそば)は、袋入りで売ってるナポリタンって感じでとても美味いとは言えない。タイに住んでいる知人によると向こうではバッタイは激辛らしい。薄く味付けしたパッタイに、ナムプラーで塩味、ライム(マナオ)で酸味を加え、お好みで、砂糖、唐辛子、落花生をくだいたものをたっぶり混ぜて食べまるらしく、うまいコツは、どれもスプーン一杯分どさっとかけること。この境地至るには、日本人だと1年以上の連続滞在が必要なんだろか(^^;

真ん中の和風キムチは意味不明。ポテトのマヨネーズ和えはなかなか。チキンもまぁまぁ。スープはとろみもいい感じだし味もよかった。
でもまぁ、っこのディナープレートは私には大失敗のチョイスだった。見た目はいいんだけどね。 ちょっと残念。

次回はやっぱりタイ風ラーメンにしようかな。

カフェくるくまの過去記事
グリーンカレー夢可視館くるくまと隣の夢可視館の写真トムヤムクンラーメンベジタブルカレー、トントロの胡麻揚げ、トムヤムクンラーメン


南部の情報マップおきぐるマップ



行率のできるラーメン店の味がここに集結



[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック