2011年09月05日

HantaBaru(ハンタバル)2

fish_hantabaru.jpgRISTORANTE & BAR Hanta Baru(はんたばる)
住所:中城村和宇慶上登原468
電話:098-895-3338
営業:11:30-14:30(ランチ)14:30-17:00(カフェ)18:00-24:00(ディナー LO:23:00)
定休:無し(火曜はランチのみ)

sea_chinen_junko_hantabaru.jpg

ここHanta Baru(ハンタバル)には今年の1月に両親を連れて来て以来2度目。前回はランチのあとだったけど、今回はなんとかランチタイムに間に合ったって感じ。いい天気だけど、空がちょっと白く霞んでいるのは靄とか、それとも黄砂とかなんだろうか?それにしたって眺めはいつもながら素晴らしい。
店内は満席だったので諦めようかなとも思ったけど、テラスの席が空いていたのでそんなに暑くもないし、折角きたんだから、たまには外で食べるのもいいかなと外へ。テラスには双眼鏡も置かれていてかなりに高倍率だから沖の船までよく見える。
夜だとCTSや町の灯りが奇麗に見えるだろうし、星空も奇麗そうだ。夜風も気持ちいいかも知れないな。

soup_zensai_hantabaru.jpg acerora_hantabaru.jpg

ランチには肉や鶏もあったのだけど今回は魚(何の魚だったかな?)の確かスペイン風のソースみたいなのにしてみた。妻はペスカトーレのオイル。魚が1,400円、パスタが1,100円くらいだったと思う。前菜やドリンクはカウンターの前でフリー。ランチタイムが終わるちょっと前だったので前菜は少なめだったのは残念だけど、レッドキャベツやコーン、スヌイのアーリオオーリオなど。コーン好きな私にはちょっと嬉しい。

fish_z_hantabaru.jpg

混んでいるせいか、かなり時間がかかってからでてきたこれがその魚。上品な見栄えだけど見ただけでボリュームが少ないけど実際すぐに腹の中に消えてしまった。焼き過ぎなのか身がパサパサでソースも弱いのが残念。やっぱり肉とかパスタにしておけばよかったかな。この量ならパンよりライスにしておけばよかったかとも思ったけど、でてきたパンは自家製だと思うけど、香ばしくて歯ごたえもよく美味かった。

peskatore_hantabaru.jpg

coffee_hantabaru.jpg妻のペスカトーレはパスタの茹で具合もアルデンテで固さもちょうどいいし、オイルソースもなかなか美味い。具も割と豊富だし、これはなかなかいい感じだった。
肉、鶏や魚のプレートにはオプションとして取り分けパスタ注文できるみたいだし、何人かで取り分けて食べてもいいな。
最初に飲んだアセロラドリンクはちょと甘すぎるけど、コーヒーは濃いめで香りもなかなかいいと思う。

しばらくしてそろそろ帰ろうかと思った頃にデザートがやってきた。シークワーサーのアイス。果肉も入っていてこれは今回の中で一番美味しいと思った。ミントの香りもいいし、爽やかな甘みとまろやかな口当たり、それに果肉の歯触りがアクセントになっていいね。

ent_hantabaru.jpg 2f_kouji_hantabaru.jpg

外から見ると2階は工事中なのかな? そういえば以前に見に来た時に2階へ上がってみたら、部屋はあったけど、何もなくてスタッフの人に聞いたらここも店にするんだと言ってたっけなぁ。随分前だったと思うけど、いよいよ2階も店とかバーになるんだろうか?

HantaBaruの過去記事:ケーキセット・ピザ


中城・西原・与那原町の情報マップおきぐるマップ






入院中もこのソフトを使っていたし、退院してからも時々使っている高次脳機能の回復プログラム。リハビリだけでなく、普段から使っておけばボケ防止や脳のトレーニングにも最適だとおもう。


★TV番組で全国B級グルメランキングNo.1になった徳島ラーメン・一日一麺一生懸命のふく利。
じっくり熟成の自家製麺・舌でとろけるチャーシューにコクと旨味あるスープ。
都道府県別うまいラーメン店第一位。
メルマガ登録で毎週抽選でプレゼントもあり。★





行率のできるラーメン店の味がここに集結



[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす) ソースネクスト ゴージャス&キュート!

キラキラスワロフスキーにオリジナルのデザイン性にとんだMplayerスワロフスキーが登場。
rio'sおすすめブックコレクションダウンロード販売ならDL-MARKET

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

ラベル:沖縄 レストラン
posted by rio at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック