2006年09月11日

沖縄そばの店しむじょう

simj_sanmai_dai_z.jpg沖縄そばの店しむじょうは、那覇市の末吉にある古民家を改造した沖縄そば家。環状2号那覇市立病院向いの瑞穂酒造の横から入っていって急な坂を登っていった先をさらに細い道を入ったところにある。近くまで来れば場所は分かると思うけど、よくこんなとこに店があるもんだなぁ。道は細いし、Uターン用の場所があるくらいだから休みの日とかは大変かも(^^; 前回は、定休の水曜で残念だったけど今回は大丈夫だった。(売りきれ次第終了の文句も気になっていたのだけど(^^;)

shimj_hanare.jpg shimj_hanare.jpg shimj_hanare.jpg

shimj_01.jpg雰囲気は、糸満にある真壁ちなーに似てるね。店内は天井がけっこう高くて広々している。縁側からクワズイモの緑が目にも鮮か。クーラーはないので汗をかきながら食べることになるけど、風通しはいいみたい。メニューは、本ソーキ750円。三枚肉は大650円。中600円。あとは、てびちの煮つけ250円。季節のじゅーしぃ150円。手作りいなり1個70円とあとは、飲み物くらいのシンプルなもの。三枚肉の大といなりを注文してみることに。最初にシークヮーサーが添えられたお水が出てきたのは嬉しい配慮だね。


simj_sanmai_dai.jpg

でてきたそばには、三枚肉が3枚にかまぼこが2切れ、それにネギと言うシンプルなもので鰹の香りがいい。麺は汁に隠れてよく見えなかったけど、一口すすると、あれ?亀濱の麺だ。この麺は好きだけど、ちょっと湯通ししすぎなのかクタっとしている。麺好きな私は、売りきれ次第終了とあったので手打ち麺かと期待してたのでちょっと残念。亀濱の麺は好きだけど、こうあちこちでこの麺ばかりなのはちょと食傷気味にもなりかねないな。

出汁は鰹のきいた醤油風と言えばいいのかな、なかなかコクがありながらもすっきりとした味で美味いと思う。亀濱の麺を使っている店は玉家と同じ方向性の透明のスープに塩系の味が多いので違う味を目指しているのはいいと思う。

三枚肉も柔らかく、出汁にあわせてしっかりとした味付けで美味い。生生姜の千切りが別容器にたっぷりと入って出てくるのも嬉しい。生生姜なら紅しょうがとは違い最初から乗っていても許せるのだけど、生生姜で別容器で出てきたのは初めてだな。ただ、生というよりちょっと漬けてあるせいか風味には少し欠けるのは仕方ないか。

丼に隠れて見えないけど、苦菜のゴマドレッシング和えとゴーヤーの甘酢漬けがついてくる。これで650円なら納得価格だと思うね。手作りいなりは期待したほどじゃなくて普通の味。小ぶりなので70円はちょっと微妙かな。

沖縄そばの店しむじょうは、全体としてセンスのいい店だと思う。ただ七味がS&Bのビンそのままなのはちょっといただけないな。他がいいから言うんだけどね。うめーばし以外に割箸もあるのは、裸の箸を嫌う人もいるからの配慮なんだろうか?

shimj_02.jpg

shimj_view_hospial.jpg庭なども手入れされているし、高台にあるので見晴らしもよくてそばだけでなく雰囲気も楽しめる店だね。そばも美味いし、今度来たらソーキを食べてみよう。

ところで、三枚肉や普通のそばには、大抵、中と大とかあるのにソーキってのは中とか大がない店が多いのはなぜなんだろうね? ソーキはもとから大並なのか、それともソーキがある分、中なんだろうか?


沖縄そばの店 しむじょう
住所:那覇市首里末吉町2-124-1 電話:098-884-1933
営業:11:30-売りきれ次第終了 定休:水
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック