2012年02月14日

くるくまのトムヤムクンラーメンと石獅子

tomuyamukunr_w.jpg
カフェくるくま
住所:南城市知念字知念1190 電話::098-949-1189
営業:10:00-21:00(食事は11時〜火曜のみ18:00まで。L.O.は1時間前)定休:無し(火曜のみ一部メニュー限定)

noni_juice_kurukuma0214.jpgある人に会えるかなと久しぶりにくるくまにやってきた。先日から来ようと思っていたのだけどあいにくの天気が続き、折角ここまで来るならとのびのびにしてしまっていたところ、今日はいい天気でよかったなぁ。
まずは腹ごしらえで、しばらく食べていなかったトムヤムクンラーメンをセレクト。前は確か小さめのポーションがあったように思うけど、まぁいいやフルサイズのにしておこう。

席の近くにノニジュースがあったので、試飲してみた。匂いは強いけど、それほど我慢できないって訳でもないし、味は甘みと酸味もあってなかなかいいと思う。もっとも最近は苦汁も割と平気な私ではあるけどね。

tomuyamukunr_kurukuma0214.jpg

思ったより、すぐに出て来たこれがトムヤムクンラーメン。
クルマ海老とむきエビもたくさん入っているが、バジルに、アスパラガス、ニンジン、白菜、フクロダケ、モヤシ、香菜、竹の子、若芽に秋ウコンなどの香菜や野菜も満載。まるでくるくまの山の幸丸ごとはいっているみたいだ。

tomuyamukunr_ebi_kurukuma0214.jpg

スープをすするとまず甘みがやってきて酸味が続き、その後に辛さが押し寄せて来る。日本人向けに抑えた辛さだと思うけど、最初油断するとむせそうになる。食べ進んで行くと慣れて来て旨さを楽しむことができる。

tomuyamukunr_men_kurukuma0214.jpg

ツルツルのフォーもよくあっている。でも一度このスープで中華麺とかを合わせて食べてみたい気もするなぁ。きっとまた違った美味さがあるんじゃないだろうか?
ともかくくるくまとタイの元気の源が体中に溢れるような気のする一品。

tomuyamukunr_fin_kurukuma0214.jpg choco_kurukuma0214.jpg

メニューと水と一緒に添えられて来たチョコレートが食後の舌をニュートラルにしてくれた。
さて、次に来る時は何にしようかなぁ。まだトムヤムクンのみってのは食べた事ないし、生春巻きも美味そうだなぁ。

外に出て廻りを散策しながら、会いたい人に電話してみたら、幸運なことに近くにいると言う。食べる前に電話して一緒にとも思ったけど、トムヤムクンラーメンは特に話しながら食べるのには向いてないからなぁ。と言うのも汗もさることながら鼻水が出るし、落ち着いて話せそうにないしなぁと思っていたのね(笑

shisar1z_kurukuma0214.jpg

shisar1_kurukuma0214.jpgで、その人に庭のすぐそばにちょっとした高台があるんだけど、そのそばに石獅子があるのを教えてもらった。
言われないと気づかないかもしれないけど、確かにシーサーだ。
それも2体あって、それぞれのシーサーの前に穴のある岩と夏至と冬至の線上にあるんだ。

shisar2_kurukuma0214.jpg

でその高台になってるところは石を積んで階段とかになっている。昔はここは拝所だったのだろう。だけどそれに関する資料は残されていないんだそうだ。知念城址はここより低いところにあるから、それを見下ろすようなものは作らなかったはずと言う意見もあるそうだけど、昔の人からすればより高いところで海を眺め降ろせる場所に拝所を作ったんじゃないだろうかなぁ?ここからは津堅も久高島もよく見える。

カフェくるくまの過去記事
グリーンカレー夢可視館くるくまと隣の夢可視館の写真トムヤムクンラーメンベジタブルカレー、トントロの胡麻揚げ、トムヤムクンラーメンディナーセット、レッドカレー、トムヤムクンラーメン


南部の情報マップおきぐるマップ

81oRRuvAhzL._AA1500_.jpg【Amazon.co.jp限定】ラーメンバラエティアソートセット(海鮮中華そば・とりがら醤油・みそ・北海道みそ・北海道味噌・北海道塩 各2個) これは食べたことあるけど乾麺にしては美味いし、送料無料ってのも嬉しいな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック