2006年12月03日

讃岐うどん 正太屋

fasard_syota.jpgいつになったらオープンするんだろうと首を長くして待っていたゆでたてうどんの正太屋がようやく開店したってので早速行ってみた。宜野湾のコンベンションセンター近くの住宅街にひっそりとあるのでちょっと捜しにくいかもしれないけど、私はすでに場所は確認していたので問題なし。

in01_syota.jpg入口横のイエローオレンジの垂れ幕がシンプルで鮮かで目を惹くね。住宅の半分をお店に改造したそうで、カウンターと玄関の前に小さな座敷もあるようだ。ナチュラルな木の香りがして窓も広くとても明るく清潔感のあるこぢんまりとした店内だ。


onigiri.jpgうどんは、茹でたてを出したいのでその都度茹でるそうで、ちょっと時間がかかると言うことで、おにぎりを出してもらった。長岡式酵素&玄米おにぎりというらしい。無農薬玄米を北海道産小豆、特殊な塩と一緒に高圧力釜で炊きあげ、専用の保温ジャーの中で発酵・熟成させることにより有機ゲルマニウムの発生した健康パワーわふれる酵素玄米ご飯だそうだ。食感はもちもちした赤飯みたいな感じ。普通の玄米とは違い消化吸収もてとも良いのだそうだ。


menu_syota.jpg oden_syo.jpg
メニューはいろいろとあるのだけど、まだ開店して間もないこともありこれが固定と言うわけではないそうだ。今はまだ試験飛行中と言ったところかな。カウンターにはおでんもあって、牛すじが100円以外は全部50円と言うのも嬉しい。食べようかとも思ったけどこのあと離島フェアにも行くつもりなので我慢しておく。冷たいうどんの方が麺のコシが楽しめるようだけど、初めてだし、あったかい汁のある月見うどんを注文してみることにする。

tsukimi_udon_syota.jpg

これが月見うどん500円。上品な出汁でとてもあっさりとしている。麺は思ったより柔らかい。讃岐と言えばもっとプリプリっとしているものと思っていた私には意外だけど、大阪育ちの私には違和感はないな。ただ出汁があっさりとしているのは私は好きだけど、もうちょっと輪郭がはっきりとしている方がいいのかなと思う。地鶏有機卵の温泉たまごも見るからに美味そう。とろりとして濃く美味いのだけど、冷たいのはちょっと残念かも。tenugui_syota.jpgおろしうどんとかならいいんだけどね。全体としてはとても優しい感じのうどんかな。優しそうなご主人の性格を現しているような気もする。味はこれからきっと進化していくんじゃないかと思うのでまた近いうちに来て、今度は、温玉しょうゆうどんを食べてみようっと。
オリジナルの手ぬぐいをいただいた。これもなんかいい感じだね。


ゆでたてうどん 正太屋
住所:〒901-2223 宜野湾市大山6-38-2
営業:11:30〜15:00(売切れ次第終了)
定休::月、火

人気blogランキングfクリックしてね!→


posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック