2013年04月12日

がりゅう屋のつけ麺

tsukemen_garyuv.jpgvitominとんこつがりゅう屋(我流家)
住所:宜野湾市我如古2-12-10-1F
電話:098-897-3868
営業:11:30-23:30
定休:木曜
琉大の北口の我流家グループ・Dual Face Box(デュアルフェイスボックス)の向かって右の店。

menu2_garyuv.jpg in2_garyuv.jpg

昨日は木曜で、不覚にも定休日だったvitominとんこつがりゅう屋へ仕事前のランチにて。ラーフェスの3軒目でもある。前に行った時は、オープンの時で、まだつけ麺をやってなくて今回初めてつけ麺を注文。

tsukemen_garyuv.jpg

これが、びとんつけめん700円。ランチタイムはライスがサービスだけど、これから仕事だしあまりお腹いっぱいになってもなぁと、今回は遠慮しておく。

tsukemen_men_garyuv.jpg

見た目は沖縄そばっぽい麺に味玉とキャベツに青菜。レンゲには鰹節。
しまった味玉無料のリストバンド忘れた(苦笑。

tsukemen_soup_garyuv.jpg

麺は沖縄そばっぽい感じ。ドロドロとまではいかない濃厚なつけ汁で底の焼き石のせいか沸き立って出て来るのは、花銀琉のようだ。



tsukemen_soup_men_garyuv.jpg

汁はとろぉりとしているけど、泡瀬の店のようにドロドロとまではいかなく割とあっさりとしている。
汁の中に入っている角切りのチャーシューはしっとりと柔らかくかなり美味いし、太目のシナチクもシャクシャクしていてとてもいい食感だ。

tsukemen_omake_lemon_men_garyuv.jpg tsukemen_fin_garyuv.jpg

おまけダレはレモン汁だったんだけど、これがなかなかいい。レモンの酸味と甘味とのバランスがとてもよくて、こっちの方が私の好みかも。まぁ、最初から最期までこれだとどうかは分からないけどね。本スープと最期はあわせるとそれもよくて結局割りスープは不要だった。今回遠慮したライスをおじや風にして食べてもよさそうだ。あ、チキン南蛮とかもあるんだなぁ。次はそれと餃子も食べてみたいな。

vitominとんこつがりゅう屋の過去記事:びとんらぁめん


宜野湾市全域の情報マップおきぐるマップ








入院中もこのソフトを使っていたし、退院してからも時々使っている高次脳機能の回復プログラム。リハビリだけでなく、普段から使っておけばボケ防止や脳のトレーニングにも最適だとおもう。


ラベル:ラーメン
posted by rio at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック