2013年12月10日

一どんの神戸カツ

katsutama_udon2_ichidon.jpg一どん 首里店
住所:那覇市首里平良町1-36
電話:098-885-1333
営業:11:30-21:00
定休:月曜
店の前はよく通っていて気になっていた店。神戸カツ丼って何だろう? と言う訳で今日のランチはここへ。
menu_ichidon.jpg
menu_in_ichidon.jpg info_katsudon_ichidon.jpg
でも説明だと「最大の特徴は関西風のダシ。・神戸出身の店主が「神戸カツ丼」と名付けた・かつお、さば等の混合節と利尻昆布でとったダシは神戸で三十年以上続く、老舗そば店のダシを受け継ぎ、毎朝作られている。・カツ丼はカツ・ダシ・玉子そして色づけにネギのみ・余計なものを加えず、素材の旨味を味わえる。那覇の泉崎にも店舗がある」とある。そか、味は関西なのか。
さてカツ丼にしようかと思ったのだけど、玉子2個使用のカツ玉の方にしてみた。
katsutama_udon_ichidon.jpg
katsutama_z_ichidon.jpg
これが玉子2個使用のカツ玉。1個のカツ丼より40円増しの720円。
それとミニうどん200円。
「かつお、サバ等の混合節と利尻昆布でとったダシは神戸で30年以上続く、老舗そば店「駒家」のダシを受け継ぎ、毎朝作られています。カツオ、ダシ、玉子と色づけにネギのみ。計なものを加えず、素材の旨味を味わえる」とあるが、ちょっと甘味の強いまろやかなダシ。
カツは沖縄県産肩ロースで、しっとりサクッとした食感で美味い。
katsutama_udon_men_ichidon.jpg katsutama_takuan_ichidon.jpg

katsutama_fin_ichidon.jpgテーブルに置いてある沢庵もなかなか美味いし、ミニうどんも関西のうどん。讃岐のとは違うけど、こういうのも好きだなぁ。やっぱり元関西人だから(笑
カツカレー丼も食べてみたいかな。機会があればまたこよう。

那覇市全域の情報マップおきぐるマップ








NEX-7.jpg
XZ-1.jpg
カメラはオリンパス中心で最近までE-620や仕事ではE-5を使ったりしてる。旅行に行ったりする時は計量でコンパクトなOLYMPUS XZ-1 が重宝。でもこのところはSONYのNEX-7がお気に入りだ。このカメラ一眼だけどコンパクトで軽いし、XZ-1の外付けのビューファインダーじゃなくて内蔵されているのがいい。明るいところでも見やすいし、軽い。
SONY デジタル一眼 α NEX-7
OLYMPUS XZ-1





ラベル:レストラン 食堂
posted by rio at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック