2014年09月06日

備瀬のワルミ

00warumi04utaki_140904.jpg神が降り立ったとされる聖域
備瀬のワルミ(ワリーバンタ)
前回は見つけることができなかったのだけど、今回は前に一度行ったことのある人と同行。
しかしながら随分前のことなので、なかなか捜せなかったけどついに到達!

01ent_warumi140904.jpg

もちろん観光地のような標識は一切ない。
ここだって思うところをちょっと分け入ると石段というか岩のゴロゴロしている坂道に。

04_warumi140904.jpg 02ent_warumi140904.jpg

07kuwazuimo_warumi140904.jpgちょっと足の悪い人やお年寄りには厳しい道。
目のよくない私も最新の注意を払いながら降りて行く。
廻りの岩肌には木の根がからみつき、クワズイモの大きな葉があったりする。

05warumi_warumi140904.jpg

やっと来れたぞ。ここが備瀬のワルミ。



「ワルミ」とは沖縄の方言で「割れ目」という意味。
10メートル以上ありそうな岩壁に挟まれた空間はまさに「割れ目」で、正面には東シナ海が広がり、神秘的な空間を形作っている。
ワルミ大橋のところもワルミだし、沖縄のあちこちにワルミと呼ばれるとこがあるんじゃないかな。

08utaki_warumi140904.jpg

ワルミは御嶽ではあるけど、ユタはここでなくてここのそばを回り込んだ岩の上から拝むらしい。
かなり荒れた道で岩がゴツゴツ。それに最後は細い板を渡した先なんだそうだ。
まぁ、若いのがサポートして連れて行くのだと思うし、その時は手すりみたいなもの も使うのかもしれない。
もちろん入ってはいけないのだろうけど、とてもじゃないけどそこに行こうとは思わなかったなぁ。

00warumi04house_140904.jpg 00warumi03house_140904.jpg
00warumi05forest_140904.jpg 09hachi_warumi140904.jpg

ここへの森の途中には10年くらい前に突然?人がいなくなったような廃屋もあっ たりした。

今回は潮が満ちていたので砂浜まで行けなかったのだけど、干潮の時には白い砂のビーチができるようだ。
次回は時間を確かめて海側からワルミの撮影をしてみたいな。
もっともその時はまたきっと捜すんだろうな(苦笑

以下の地図もこの辺りらしいってくらいの参考に。


名護・本部・今帰仁等の情報マップおきぐるマップ








ラベル:史跡
posted by rio at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 名護・本部・今帰仁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック