2014年11月25日

もとぶ香ねぎ焦がし鰹らぁ麺

motobukaorinegi_garyu.jpgvitominとんこつがりゅう屋(我流家)
住所:宜野湾市我如古2-12-10-1F
電話:098-897-3868
営業:11:30-23:30
定休:木曜
琉大の北口の我流家グループ・Dual Face Box(デュアルフェイスボックス)の向かって右の店。
nov.24th 2014
あがりに牡蠣のつけ麺を食べに14時くらいに行ったら午前の分は売り切れってことでその足でがりゅう屋へ。

fasard3_garyu.jpg

もちろん、もとぶ香ネギラーメンキャンペーンの鍵のネギだく油蕎麦に続いて「もとぶ香ねぎ焦がし鰹らぁ麺」のため。

14時を過ぎていたけど相変わらず店内は人で一杯。
隣りのサイリュウメンバ ガリュウが一時閉店中だからってのもあるかも。

motobukaorinegi_info_garyu.jpg menu2_garyu.jpg

1日20食限定でちょっと心配したけど大丈夫だった。
690円+塩たまご100円。あ、味玉リストバンドってのがあったよな。
またクルマの中だ(^^;

motobukaorinegi_garyu.jpg

あっさりめのラーメンかと思っていたらさにあらず脂の膜というか5mmくらいありそうな層をなしていてなんとも脂っぽい。

motobukaorinegi_men_garyu.jpg

最初ほんのりとネギの香りはしたような気もするけど、それもすぐに消えて、折角の素揚げのネギの食感も飲み込まれてしまった。
麺はほんのり緑がかっていてこれはネギが練り込まれているのかな?
少し香りがするような気もしたな。

我流家のは油絵のように重層にいろんな素材が重ねられているのが常。
だけどいつものは同じ油絵でも具象画のように分かりやすいのだけど、
今回のは私にとってはよく分からない抽象画のようなものだったのかもね。
我流家のラーメンは好きなんだけどこれはちょっとあわないなぁ・・・

motobukaorinegi_fin_garyu.jpg結局全部食べられず残念。
また次回のを楽しみにしよう。

あ、がりゅう屋は屋だ。
でも我流屋ではなく我流家が正しい。

vitominとんこつがりゅう屋の過去記事:びとんらぁめんつけ麺ガリュウのつけ麺


宜野湾市全域の情報マップおきぐるマップ







ramen04ishigami.jpgラーメンラーメン!
ラーメンについての楽しい本やお役立ち本。それにいろいろなラーメンそのものあれやこれや。

photobook.jpg散歩と旅で写真がうまくなる本
上手い写真と味のある写真は違うと思うけど、やっぱり数を写すのが大事。
だけど理屈や理論を知っていれば上達も早いよね。

posted by rio at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック