2014年11月29日

萬龍飯店の海老チャーメン

ebicharmen2_banryuhanten.jpg萬龍飯店
住所:うるま市宮里374-4
電話:098-973-9790
営業:11:00-23:00(L.O.22:30)ランチタイム11:30-16:00(680円)
定休:無(お盆・正月は休み)

沖縄市農連市場内の市場食堂に骨汁を食べに行ったのだけど、
発見できないし、聞いてもあったかなぁと言う返事(^^; 
諦めて知花食堂へすき焼きを食べに行った。
が、主が出かけてるから弁当しかないって(^^; またかよぉ・・・。うーん。
で、知らない道を走ってみてもパッとした店が見つからないうちに「うるま市民芸術劇場」の近くに・・・

あ、近くに萬龍飯店があったなってことで、ここへ。
ここはとても見晴らしがよく海を見下ろすことができるのが印象的だったけな。
が、ランチタイムだからか海側の席には座ることができなく残念。

ebicharmen_banryuhanten.jpg

さて海老チャーメンをオーダー。1080円。
もっと大きな海老チャーメンを見る

egg_soup_banryuhanten.jpg salada_pine_banryuhanten.jpg

トロッとした玉子スープもいいね。
サラダにパイナップルが載っているのは珍しい。

ebicharmen_z_banryuhanten.jpg

さて、チャーメンを。
たっぷりはいった海老もプリプリ。
柔らかいけどとてもシコシコと歯ごたえのいいキクラゲが印象的。
ヤングコーンもニンジンもタケノコもいいなぁ。

ebicharmen_men_banryuhanten.jpg

コシとは縁のない細い麺は割と思い出のチャーメンに似てるかも。
甘めのトロトロの餡に包まれた具と共にほおばると美味いなぁ。

ebicharmen_fin_banryuhanten.jpg前回の6年ちょい前には次は海老チャーメンと書いてあるし覚えていたか、エライぞ(^^; と言うか海老チャーメンは初めてだったんだ。

今回も残った汁をこの大きな皿を両手で持って飲み干したよ(笑

萬龍飯店の過去記事:エビソバスープ五目炒麺

帰ってから市場食堂に電話かけてみたら、「この番号は現在使われていません」。ありゃ閉店したのか・・・


うるま市・金武・宜野座の情報マップおきぐるマップ





icon_trialkit.jpg

TOEIC@テストウェブトレーニング【GatherAt(TOEICトレーニング)】

ロシア発 日本初輸入 ナチュラルドライチーズ カリッとチーズ お酒のおつまみに最高




posted by rio at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック