2007年05月07日

いしぐふーハンビー店

fasard_ishi_naname_ham.jpgいしぐふーは県内に4店舗ある沖縄そばの店。那覇の具志の店には何度か行ったことがあるし、最近本店のやんばる店にも行ったばかりだけど、うちの近くのこのハンビー店は、前はよく通るのだけど入るのは初めてだ。


in_all_ishi_ham.jpg

店内は、白壁にウッドの床やテーブルに観葉植物の緑で雰囲気はいいのだけど、ファサードはサインがやたらとあって、しかも濃い緑と赤の組み合わせだったり店名のロゴが適当なのでかなり安っぽく見えてしまうのは損をしているなぁと思う。具志の店は、外観もオレンジでもう少し抑えた色だったと思う。もっともそっちも店名のロゴは洗練されてなくて残念だと思った憶えがある。その点、やんばる店は一番いいかなとは思うが、手作り感があるのはいいけど、センスがよくないと素朴ではなくて田舎っぽい感じがしてしまうなぁ。cup_ham.jpg店内の掲示板の赤い枠も色がきつ過ぎるからオレンジとかサーモンピンクにしたらいいかもだ。サンタ・フェ風にしようとしているような気はするんだけど詰めが甘いのは否めない。今どき、有名人の色紙を貼っているのもなんだかなぁって感じ。拓洋でやっているようなアルバム形式の方がずっといいと思う。


zeitakusoba_ishi_ham.jpg

さてさて、それは置いて、さっそくそばを注文。残念ながら、いしぐふーそばは売りきれていたので、必然的にぜいたくそばを注文することに。いしぐふーそばは、本ソーキそばだけど、ぜいたくそばってのは、炙りソーキが別皿でついてくるもので680円。そばには、食べてる途中で入れるための本枯鰹節が、ソーキにはワサビと辛子が添えられて出てくる。

zeitakusoba_z_ishi_ham.jpgまずはスープを飲んでみる。香りがよく甘味のある上品な味。その後に塩味がやってくる。塩っぱい訳ではないのだけど、ちょっと塩が強いかな。麺は、てんtoてんを一廻り細くしたような感じで、ツルっとしてて、モチモチ、ごわっとした食感で美味い。半分ほど食べた後に、鰹節を入れてやるとさらに風味が増して美味い。上に載せてある薄焼き玉子がスープの温度を保っているので効果的なんだろう。

ソーキは軟骨で、とろとろに煮込まれている。炙りとあるけど、ここまで煮込んで柔らかく味も濃いので炙ってるのかどうかはよく分からない。柔らかいのは嫌いじゃないけど、ここまでだと肉なのかどうかよく分からないなぁ。いしぐふーそばは、スープを邪魔しない味付けの本ソーキでバランスがいいので、こっちは三枚肉とかにしてくれたらいいなぁと私的には思う。もっともそう言う人のために肉なしそばも用意されていてそっちは530円なので、そっちをチョイスしたらいいと思う。


gyoza_ishi_ham.jpg

in_spice_ham.jpg1日限定20食のあぐー餃子は、一口サイズのが8個で480円。皮はやや厚めでもちっとしている。中はジューシーで、軟骨も入っているのかコリコリっとした食感も楽しめる。小粒なので肉の食感はちょっと微妙かな。タレは、ラー油がS&Bの瓶が置かれていたのだけど、こだわりの餃子ならタレもラー油ももう少し工夫して欲しいかもだなぁ。兼箇段の龍星天の餃子のタレのように酸味のある方が、このそばにはあっているんじゃないかとも思う。と言うのも、一緒に食べちゃうと、ソーキの濃い味や餃子の味とごっちゃになって折角のそばのあっさりとした塩味がよく分からなくなってしまうんだよね。

オリジナリティがあってレベルの高い店だと思うので、辛口になってしまうのだけど、細かな部分まで配慮してさらにいい店になって欲しいなぁと思う。

いしぐふーやんばる店の記事



fasard_ishi_ham.jpgいしぐふーハンビー店
住所:北谷町北前1-13-11
電話:098-926-1211
営業:11:00-17:00
定休:水


人気blogランキングfクリックしてね!→
posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック