2007年05月15日

通堂のおとこ味ラーメン

sign_nishihara.jpg通堂は沖縄いおけるラーメン新時代のパイオニア的な存在。小禄本店がオープンして間もない頃に食べたのが最初。その時は塩がきつくて、ちょうど店にいたオーナーの良次さんに感想を聞かれて伝えたら、これからどんどん調整していくからねとのことだった。その後何度か食べる度に進化していった。


terrace_nishihara.jpg先日限定の牛しおラーメンを食べた以外は、ここ3年程、つけ麺ばかり食べていることもあって、今日はレギュラーのラーメンを食べにやってきた。今日は涼しいし外のテラスで食べることに。私は、塩味のおんな味が好みだったと思うけど、今回はガツンととんこつ塩のおとこ味にしてみることに。券売機をじっくり見るといろんなバリエーションやメニューがあるな。入り口にもメニューがあるので、慣れない人はそっちで決めてから選んだ方がいいかもね。

menu_ton_nishi.jpg塩とんこつのおとこ味らーめん630円(ミニ520円、煮卵入り710円、チャーシュー増し810円、通堂ラーメン870円)、塩ラーメンのおんな味らーめん570円(ミニ470円、煮卵入り650円、チャーシュー増し750円、通堂ラーメン810円)、黒こがしにんにくらーめん680円、辛味噌おとこ味680円(ミニ570円)つけ麺(季節限定)680円、ごはん150円、餃子240円、ランチセット100円(ご飯+日替わりおかず)、大盛り50円、替え玉100円。チャーシュー丼420円、チャーシューとろろ丼450円、しらす高菜ごはん310円、明太子ごはん310円、通堂サラダ390円等々。
私は、通堂ラーメンのおとこ味870円をチョイス。この中では一番高いメニューかな。


tondou_otoko870_nishihara.jpg

tondou_otoko_z_nishihara.jpgチャーシューがいっぱい載っていてなかなか豪華な雰囲気。麺は固めで、味は普通にしてもらった。他にこってりと、こってりこってりとかもあるけど、元々おとこ味はこってり目だし。でスープを飲むと今どきのに比べるとそんなにこってりではなくて割とおとなしめかな。麺はちょっと固めでシコシコしていて美味い。チャーシューはとろとろっていう柔らかさではなくて、肉、脂ともに少し歯ごたえがある感じ。
spice_nishihara.jpgキクラゲはラー油とかに漬け込んであるのかピリピリっとしていて、それが溶け出してスープに新たな旨味を加えてくれるのもいい。テーブルには、モヤシのキムチ漬けや、大根の甘酢漬けがあって口直しにいい。ゴマやニンニク漬けも用意されているので、潰して入れるとさらにコクのある味になると思うので好きな人は味をみながらいれるのもいいね。私はそのまま一気に食べちゃったけどね。
美味かったけど、私はやっぱり塩のおんな味の方が好みかもしれないので、次はこれまた久し振りにおんな味を食べてみようっと。


通堂の牛しおラーメン
通堂のつけ麺

otoko536.jpg onna455.jpg

上の写真は、2003年の時の、おとこ味(左)とおんな味(右)。

通堂のラーメンはネットでも買えるようだ。このラーメンをもらったことがあって、作ってみたけど生麺だし味も割とお店に近い感じなので、具材を工夫すれば本格的な味を家で楽しむことができていいよ。


通堂 西原店
住所:沖縄県西原町上原322-2 電話:098-946-9220 
営業:11:00〜翌1:00 定休:無

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→


posted by rio at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 西原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック