2015年07月04日

東江そばで東江そばを食べる。

agariesba_m700_agariesoba

東江そば(小禄店)
住所:那覇市金城5の7の12 電話:098-858-2656 営業:11:00-17:00(売り切れ次第終了)定休:無休 サイト Facebook

なかなか縁のない店ってあったりする。たまたま行ったら閉店したあとだったり定休だったりしてなかなか入れない(^^;

menu_agariesoba

netshop_fin_agariesoba東江そばもそんな店のひとつだったのだけど、今回やっと入ることができた。

浦添の本店じゃないけど、1年ほど前にできた小禄店の方が先になったけどね。

よろず支援拠点のある産業支援センターからは歩くと15分ちょっとかかるし、灼熱の元だったので汗だくになったけど、暑い時に熱いそばもいい(^^;

初めてだし、まずは店名のついた東江そばに。
中700円で大は780円。その差は80円なら大かとも思ったけど、中をあなどって苦しい目にあったこともあるのでここは中に。
それと目についた餃子。5個で260円。

lucky_agariesoba uranai_agariesoba

今週のラッキーさんなんておもしろい企画もある。それに懐かしい星座占いがなんと各テーブルにあるじゃないか。

agariesba2_m700_agariesoba

さて、これが本ソーキ、軟骨ソーキに三枚肉のはいった東江そば。

agariesba_men_agariesoba

麺は注文を受けてから茹で上げると言う生麺。
中太でツルシコシコでモチモチ感もありとても美味い。
ざらっとしたひっかかりのある麺が好きな私だけど、これもいいね。

agariesba_fin_agariesobaスープはあっさりとした鰹節系。
国産の昆布と鰹節を使った一番出汁のみ使用とのこと。
美味さを引き出す酸化還元水を使い鰹の香りが引き立つあっさりながらもコクのあるスープに仕上げているそうだ。

三昧肉はやや脂抜けが不十分だけどサクッとした歯ごたえ。
軟骨ソーキもコリコリで肉はとろけるほど柔らかい。
本ソーキも肉離れがよく柔らかく美味い。
じっくり時間をかけて煮込み、黒糖、醤油、泡盛、島マースなどを使用した秘伝のタレに漬け込み、スープにあうように旨味を凝縮そうだ。

ボリュームあってやっぱり中で私には十分だ。

gyoza_agariesoba

餃子は皮はパリッとはしてないけど、中はジューシーでまずまずの味。
5個で260円は安いと思ったら、あれ?6個あるな?(^^;

さて、次は本店に行くぞぉ〜。


那覇市全域の情報マップおきぐるマップ

posted by rio at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック