2007年06月10日

琉球創作料理 あだんの実

fasard_adan.jpg琉球創作料理あだんの実は、読谷のホテルアリビラに隣接する青い海の運営する塩の体験施設Glala青い海の中にある。ちょうど読谷で第1回トライアスロンカーニバルが開かれ娘が出場するのでその前に入ってみた。


in_adan.jpg menu_adan.jpg

spice_adan.jpgガラス貼りの店内は明るく開放的で、外にはテラスも用意されている。ここはいづれの料理にも読谷沖で採取された塩が使われているのが特徴。塩アイスクリームなんかもある。各テーブルには、青い海の焼塩沖縄の海水塩のビンが置かれている。そばは、塩そばと塩ソーキに、セットがあるけどとりあえず塩そばをチョイス。700円。

shiosoba_adan.jpg

でてきた塩そばは、なかなか美しい見栄えだ。水菜に白髪ネギがこんもりと盛られていて色どりもいい。まずは、スープを一口。まろやかだけど、くっきりとした塩味だ。こんがりと炙られたスーチカーはちょっと塩がきついけど、サクッとした食感で繊維に沿ってほぐれ脂抜きもしっかりとしていて美味い。この食感は他では余り味わったことのないものだと思う。shiosoba_z_adan.jpg麺は、八重山そばの麺をやや太く、そして平たくしたような感じ。コシはなくて柔らかく中華麺というかチャンポン麺のようだ。沖縄そばの麺とはかなり異なるような気がするけど、これはこれでこのスープにあっているような感じでするすると食べられる。水菜とネギとの食感の組み合わせも好ましいものだな。ちょっと舌に味が残る気がすると、塩が強めかなと思う人もいるかもしれないけど、個性的なそばだと思う。


Glala青い海についてはこちらの記事へ

琉球創作料理 あだんの実
住所:中頭群読谷村字高志保915 Gala青い海内 電話:098-958-7724
営業:09:00-23:00(L.O 22:00)定休:無

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→


posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読谷村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック