2007年08月14日

群星(むりぶし)

fasard_muri.jpg東京から来た友人を案内して、久し振りに群星(むりぶし)へ。6年振りくらいになるかな。この界隈ではちょっと落ち着いた外観だけど30年前に仲間で内装をしたそうだ。


in_all_muri.jpg

店内の壁はひび割れた土壁。古いポスターや着物や甕が壁などに掛けてあって、なんとも年代を感じさせてくれる。地震があれば崩れてきそうでもあるのだが・・。
以前に来た時とは印象が変わってないし、時間の経過とともにさらに味が出てきてる感じだ。時を感じさせてくれる調度品も楽しい。おばぁの写真はタイムスの山城カメラマンの手になるもので何かの賞を取った有名なもの。本人はネガを無くしていて譲って欲しいと言われたこともあるそうだ。

tohuyou_muri.jpg

あいにくと12時閉店なので、食べ物はなかったのだけど、豆腐ようをお願いしたらだしてくれた。以前来た時は20年以上経っている漬け汁で漬けていると言ってたけど、今回は30年になっていた。以前よりさらに色が濃くなっている。まろやかでコクがありクリーミィでとても美味い。これにはやっぱり泡盛だなぁ。今度はゆっくりと来よう。ここは、普天間の隠れた名店の1つだ。

以前群星に来た時の記事はこちら。

群星(むりぶし)
住所:宜野湾市普天間2-49-1 電話:098-892-6157
営業:18:00-12:00 定休:日

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→
posted by rio at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック