2007年08月17日

十八番横丁 めし処 月見家

fasard_tsukimiya.jpg十八番横丁(おはこよこちょう)は、読谷村喜名58号沿いにある長屋風のお店群。昔は野菜とかの直売所だったような気がする。カフェ、バー、雑貨とめし処の4店舗が軒を連ねているようだ。ここの月見家のかすうどんを前から食べたいなと思っていたのだけど、開いてなかったり、時間があわなかったりして昨日、恩納村へ向かう途中にやっと寄ることができた。昼間開いているのはめし処だけなのかな?


zashiki_tsukimiya.jpg menu_kabe_tsukimiya.jpg

めし処って書いてあるけど、沖縄そばとうどんの店と言った感じだ。沖縄では、美味いうどんを食べさせてくれる店が少ないので期待してしまう。店内には5人程座れるカウンターと4人掛けの座卓が3つある座敷がある。

メニューは、沖縄そば500円、ソーキそば600円、かすうどん500円、カレーうどん600円、そばセット650円、お月見セット650円、おばんざいセット650円、ふーちゃんぷる500円といったところ。

オープンな店で冷房もないので、夏期限定の麻の実うどん(冷)も気になったけど予定通りに、かすうどんを注文。

かすうどんのかすとは牛のホルモンを脂が抜けるまでじっくり素揚した油かすのことだそうな。低脂肪でコラーゲンたっぷり。油かすと言われると肥料をイメージしてしまうかな。

kasuucon_tsukimiya.jpg

さて出てきたかすうどんは、店内がちょっと暗いのではっきりと写ってないけど、油かすとネギのシンプルなトッピング。スープは、あっさり目の関西風かな。

麺は思ったよりずっといい感じで、モチモチっとしてコシも強い方だ。spice_tsukimiya.jpg油かすは、香ばしく歯ごたえがあって、中はプルプルっとした食感。

うどんだから当たり前ではあるけど、するするっと胃の中へ。ボリュームも割とあったかな。ただ500円ってのは微妙かも。決して高くはないんだけど、満足感がイマイチなんだな。と言うのも油かすがちょこっとしかトッピングされてないからかもしれない。そこがちょっとおしいな。 そう言う訳で、もう一度食べたいかと言われると微妙。トッピングサービスとかあるとうどん好きには嬉しい。次に食べるなら、麻の実うどんだ。

十八番横丁 めし処 月見家
住所:沖縄県中頭郡読谷村字喜名458-3 電話:098-958-2100
営業:11:30-22:00(冬場は21:00まで)定休:月・第1,3日

※残念ながら閉店してしまったようだ。
しかし、普天間の美味いラーメン屋のまるよしの姉妹店である「はちれん」がオープンしているようで、これもまた楽しみだ。


読谷・嘉手納・恩納の情報マップおきぐるマップ










posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 読谷村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おいしいうどん屋探してます!!
Excerpt: おいしいうどん屋探してます!! 沖縄じゃなかなか探せないんです。 おいしいうどんまたは、日本ソバ屋さんをおしえてください!     質問者:PON...
Weblog: 情報収集ステーション【むすびば】
Tracked: 2008-02-07 10:27