2007年09月27日

サン.ヴァンサンのランチ

welcome_stv.jpg先日、おいしいチーズを楽しむ会で利用した那覇新都心にできて間もないワインとフレンチ料理のレストランのサン・ヴァンサンに今日はランチで。夜とはまた違った雰囲気で、落ち着いてはいるけど明るくちょっとカジュアルな感じもする。

週替わりのランチメニューは、メインを魚か肉から選ぶことができる。今回は、旬魚のソテー・野菜の煮込み添えか、黒豚ロース肉のロースト・粒マスタードソースのいづれか。先日、イベリコ豚だったので、魚にしようかなとも思ったのだけど、黒豚の誘惑に勝てずにそちらをチョイス。

terinu_lunch070927_stv.jpg

まずは、前菜の海老と茸のテリーヌ仕立て。見た目にも美しいのだけど、木ノ子と海老がぎっしりと詰まっていて控えめな味で美味い。冷たい茶碗蒸しのような趣きもある。

soup_lunch070927_stv.jpg

pan_lunch070927_stv.jpgはと麦とオニオンのスープ。香ばしく、オニオンの甘味もほど良く思ったより力強い味わい。はと麦の食感もとてもいい感じで美味い。
パンには、バターとオリーブオイルが添えられて出てくる。このオリーブオイルがまた美味い。

kurobuta_z_lunch070927_stv.jpg

wine_lunch070927_stv.jpg今回のメインは、黒豚ロース肉のロースト・粒マスタードソース。もう目の前に出された瞬間から美味そうだ。実際とても美味い。鹿児島の黒豚だそうだけど、まず口に運んだ時の香りがとてもいい。柔らかいと言う訳でも、弾力があると言うのでもなく、しっとりサクッと絶妙な食感でとても味わい深い。特に脂の部分は香りも味も食感もとてもいい。イベリコ豚は、確かにクセもなく柔らかく食べやすいのだけど、私にとっては、この豚はもっと挑戦的で、こちらの食欲をそそってくれる気がする。

いただいたグラスワインの赤が右の写真のものだけど、香りがとてもスパイシーで鮮烈。力強さのあるフレッシュな味で、黒豚とよくあっていたと思う。

dessert_lunch070927_stv.jpg

cafe_lunch070927_stv.jpgデザートは、クレーム・ブリュレとフィナンシェ(焼き菓子)。表面カリっ、下はとろぉり濃厚なクレーム・ブリュレも甘すぎずフィナンシェもしっとりと甘さ控えめで、フランボワーズの酸味のあるソースとコントラストがいい。香りのいい濃くてまろやかなコーヒーとの相性もとてもいい。満足で幸せなランチ。1800円と少々高めなランチだけど、たまにはゆっくりと時間をかけてこんなランチもいいと思うよ。

前回のサン・ヴァンサンの記事はこちら。
サンバンサンって書く人やサン・バンサンって書く人もいるけど、サン・ヴァンサンが正しいので注意ね。

レストラン サン・ヴァンサン St.Vincent
住所:那覇市銘苅2丁目4-35 アーバンプラネットビル2F 電話:098-862-2240
営業:12:00-14:30(L.O 13:30)※火-金のみ 18:00-23:00(L.O 22:00) 定休:日
サン・ヴァンサンのホームページがオープンしたようです。
http://www.st-vincent.jp/

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→


posted by rio at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | サン・ヴァンサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『サン・ヴァンサン』、とってもいい感じのお店ですよね。さすが平瀬さん。我妻シェフのお料理も、『ラ・コール』時代さながらおいしかったです。(^0^)
Posted by 泡盛マイスター at 2007年09月30日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。