2007年10月14日

トントン 与那原店

charsyu_tonton.jpg与那原小学校の近くに新しいラーメン屋が開店してるって話を聞いてやってきた。それらしき新しい店は一見してないのだけど、以前はチャイナタウンと言うラーメン屋だったけど店名が消されてトントンになっているのを見つけた。他になさそうなのでここに入ってみることに。


聞いてみると店主が代わったんだそうだ。あとで調べたら、このちょっと先にある沖縄そば屋の与那原家で働いていた方が独立したらしい。しかし店内も改装した様子はないし、メニューも特に新しいって感じもしないので居抜きで借りてそのままって感じなんだろうか?店内はかなり狭く、L字カウンターの廻りには6人席と、その廻りの座敷に4人掛けの座卓が3つ。奥に2人用の小さなテーブルが1つだ。カウンター廻りが、簾で囲われているので余計に狭く感じるんだと思うけど、店主は恥ずかしがり屋さんなんだろうか?

menu_counter_tonton.jpg

定食類もあるけど、メニューはラーメンが中心だ。
塩550円、醤油580円、味噌600円と小刻みな値段設定で、それぞれにこってりがあり20円増しとさらに細かい。しかし別にこてりラーメン580円なんてのがあるんだけど、これは何味なんだろう?さらに、こってりそばなんてのまであるぞ。これは沖縄そばなんだろうとは思うのだけど、横の方には、沖縄そばこってりなんて札があるのでよく分からないぞ。さらに塩モロコシバターは120円増しの670円だけど、味噌モロコシバターは50円増しの650円。醤油モロコシバターはメニューにないけど一体いくらするんだろう?頭が混乱してしまうぞ。

忙しそうだし聞くのも何なので、疑問は置くとして、最初だから塩とも思ったけど、どうも塩より醤油の方が無難な店のような気もしたので醤油にしてみる。注文したあとチャーシュー麺にして欲しいと付け加えると、ちょっと?な顔されたあとに、チャーシューラーメンの醤油味でいいですね?と確認された。チャーシューラーメンは700円だけど、これは味別には値段は変わらないんだろうか?


charsyu_tonton.jpg
サイドメニューの餃子は350円。おもしろいのはスヌイ(もずく)180円なんてのもある。生ビールは23時まで350円だけど23時以降は450円の深夜料金になるのもおもしろい。(この店は深夜3時までの営業)リンガーハットみたいに全てのメニューが深夜料金になるのや料理するものが上がるのは分かるんだけど、手の掛からない飲み物が上がるのは珍しくない?
charsyu_z_tonton.jpgなんて思っているうちにチャーシューラーメン700円が登場。思ったよりボリュームがありそうな感じ。厚目のチャーシューが4枚に、白髪ネギと珍しいことに薄焼き玉子を刻んだものがトッピングされている。例によってまずはスープを。甘味のあるあっさりとしながらしっかりとした味で割といいと思う。麺は、ややちぢれのある中太のもので柔らかめだけど喉越しがいい。
spice_tonton.jpgチャーシューはとろっとろってな訳ではなくて、しっとりとした歯応えで、脂抜きもよくできていてなかなか美味い。中の町の李白亭のような感じもある。冷たいのも似ているのでスープにしばらく浸しておくと味が活性化して、さらに美味くなる。具はネギと薄焼き玉子だけかなと思っていたら、モヤシ、白菜、ニラ、ニンジンなども食べ進むと下から出てきて嬉しいぞ。てな訳で、思ったよりずっと美味い店で嬉しい。
いつかメニューの謎を聞いてみたいかもだ。


fasard_tonton.jpgラーメン・餃子
トントン 与那原店
住所:島尻郡与那原町字与那原835-4
電話:098-946-4828
営業:11:00-16:00 18:00-03:00
定休:無

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→
posted by rio at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 与那原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック