2007年11月19日

ラ・ターブル・ド・パラディ

buta_roast_paradis.jpgラ・ターブル・ド・パラディ(La Table de Paradis)は、那覇高の近くにあるフレンチレストラン。今年の3月に出来たのだけど、なかなか来る機会がなくてようやくランチだけど、やってくることができた。オレンジ色のテントがカジュアルなビストロのような雰囲気を出している。


in_counter_paradis.jpg in_table_paradis.jpg

カウンター席が5つ程と4人用テーブルが1つに2人用が3つ程あるこぢんまりとしたお店。お昼時とあって、満席かなと思ったらちょうど2人用のテーブルが1つ空いていたので座ることができた。
パラディは英語だとパラダイスのことなので、楽園のテーブルと言う意味のようだ。

terinu_paradis.jpg soup_paradis.jpg

menu_lunch071119_paradis.jpgランチのメニューは1つのみで、前菜2種とメイン2種の中から1つづつ選ぶシステム。本日の前菜は、コマ貝とさかなのテリーヌと野菜がたっぷりのスープ。私は特別に両方2つともいただいたのだけど、テリーヌは、ねっとりとした食感の中にコマ貝のコリっとした食感が楽しめる。レッドペッパーの粒がピリっとアクセントになっている。スープは、ポテトや豆がたっぷりと入っていて前菜としてのボリュームがきちんとある。あっさりとした味だけど、素材それぞれの味が楽しめる食べるスープだ。


buta_roast_paradis.jpg

メインは、魚が赤マチのローストで、肉は、豚肩ロース肉のローストで私は肉の方を選択。皿をだされた時に思いのほかボリュームがありそうに見えたので、ちょっとびっくり。豚肉には、ほどよく火が通っていて、しっとりと柔らかいばかりではなく、弾力もありとても味わい深い。pan_paradis.jpg脂の部分もサクっとした食感だ。爽やかな酸味のある粒マスタードのソースとの相性もとてもいい。豚の下に敷かれたポテトもボリュームがあり美味いし、つけあわせのオニオンやブロッコリー、豆もいい感じで食べごたえのある1品だった。
パンは自家製なのかな?小さ目だけど、密度が高く香ばしくて、いい味だと思う。ソースをつけていただいても美味い。ランチは前菜1品、メイン1品の組み合わせで1,000円で、デザートと飲み物は別料金になっているのは、場所柄お昼休みの時間が限られていて忙しいビジネスマンが多いからだそうだ。


dessert_paradis.jpg coffee_paradis.jpg

デザートと飲み物は、セットで400円。デザート単体は300円で、飲み物は200円。今日のデザートは、ガトーショコラとバニラのソルベ。ソルベは、キャラメル風な香りがしたのだけど、聞いたら焙煎前の緑色しているコーヒー豆の香りを移したものなんだそうだ。ガトーショコラは、もうちょっとしっとりしている方が好みだけど、このソルベと一緒にいただくとそれぞれの持ち味をひきだしてくれる。コーヒーもしっかりとした香りと味で美味いね。
しっかりと食べたい人のために、前菜2品、メイン1品とか、前菜2品+メイン2品とかデザートセットなんかをちょっぴり安くしたコース設定があってもいいかなと思ったりもする。組み合わせだけなので手間は変わらないとは思うんだけどな。前菜2品メイン2品で2000円のとこを1900円とか。(1800円だととてもうれしい(^^)

menu_dinner_paradis.jpg

夜のメニューも見せてもらったけど、うーん、美味そうなものが並んでいるなぁ。値段もリーズナブルだ。これは今度来てみないといけないな。

fasard_paradis.jpgレストラン ラ・ターブル・ド・パラディ
住所:沖縄県那覇市泉崎2-1-7 ユメトピア泉崎1F
電話:098-831-6422
営業:11:30-13:30(L.O)18:00-22:00(L.O)
定休:火と水曜のランチタイム


hukurou463.jpg

riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→

posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック