2007年11月27日

サン・ヴァンサンのランチ4

fish_machi_toma_sv071127.jpgランチは、新都心のサン・ヴァンサンへ。いつもラストオーダーぎりぎりの時間だったりするんだけど、今日は開店とほぼ同時だ。ミーグチかと思ったりしたけど残念ながらすでに先客が。台風23号の影響であいにくの天気なんだけどお客さんが後から次々に入ってくる。私はいつものカウンターの窓側の席へ。


一人で来る人にとっては、カウンターがあるのはとっても嬉しい。気兼ねしないでいい。

zensai_sv071127.jpg

今日の前菜は、白鯛のマリネ。コリっとした歯応えのあとにねっとりとした旨味が口に広がる。刺身ってワサビで食べるよりずっとこの方が美味いなぁと思わせてくれる一品だ。鯛の鮮度がいいのが一番だけど、それを塩、コショーしレモンで絞めて、オリーブオイルとニンニクのソースをかけるそうだ。こう書くと簡単そうに思えるけど、それぞれのバランスが大事らしい。ニンニク一つをとっても多すぎるとエグ味がでてしまうのだそうだ。

soup_carrot_sv071127.jpg

スープは、人参のポタージュ。濃厚で滑らかで人参の自然な甘さが口いっぱいに広がり幸せな気分にさせてくれる。スタッフの伊勢子さんが言うに、ウサギになった気分でしょ?

fish_machi_toma_sv071127.jpg

今日の魚料理は、赤マチのソテートマトソース。赤マチは、前回同様、皮はパリパリ、シャクシャクととても香ばしく見は柔らかく、トマトの旨味だけを凝縮したソースとの組み合わせがとてもいい。

chiken_ebi_sv071127.jpg

メインは魚と肉のいづれかを選ぶのだけど、もちろん両方を食べることもできる。ランチは1800円だけど、両方食べると3000円。たまのランチだから、いつもよりゆっくりと時間をかけてみるのもいいかと思う。と言うわけで肉料理もいただくことに。pan_butter_sv071127.jpg今日のは、海老とさつま芋入りやんばる鶏のガランティーヌ 十穀米のリゾット添え カレー風味。目の前に置かれた時にカレーの風味がふわぁっと漂いとてもいい香り。。鶏と海老って余り経験はないけど、とてもあうんだな。これは、初めて経験する美味さだ。それにさつま芋って組みあわせがおもしろい。それにアルデンテな感じのリゾットが食感もよくクリーミーでとても美味い。つけあわせのナスやエリンギの焼き加減が絶妙で存在感があって、私は今週は肉料理に軍配をあげるかな。

dessert_sv071127.jpg

coffee_sv071127.jpgデザートは、カシスのムースにバニラアイス。カシスのムースは思ったより酸味が控えめだし、バニラアイスは濃厚でナッツの歯触りもいい。
サン・ヴァンサンでのランチは最低でも1時間〜1時間半は掛けてゆっくりしたいね。だから早めに来店した方がいい。お腹を満たすためだけのランチだったらお勧めできない。一人でもカップルでもグループでもちょっとだけ贅沢でゆったりとした時間をすごすために来たい店だと思う。

サン・ヴァンサンのランチ1の記事はこちら。
サン・ヴァンサンのランチ2の記事はこちら。
サン・ヴァンサンのランチ3の記事はこちら。

yuri_sela_counter_sv071127.jpgレストラン サン・ヴァンサン St.Vincent
住所:那覇市銘苅2丁目4-35 アーバンプラネットビル2F
電話:098-862-2240
営業:12:00-14:30(L.O 13:30)※火-金のみ 18:00-23:00(L.O 22:00) 定休:日・祝


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)


riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→

posted by rio at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サン・ヴァンサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック