2007年12月13日

沖縄そば 塩家

sanmainiku_up_shioya.jpg沖縄そば 塩家は、以前はラーメンの味よしだったところに同じオーナーが作った沖縄そば屋。味よしは、最初は結構気に入ってたんだけど、そのうちにメニューが増え出して大丈夫かなぁと思っていたところ閉店してしまったのはちょっと残念。その前もラーメン屋だったりとお店としてはなかなか苦しい場所なのかもしれない。炙りソーキや自家製面とか聞くと、ともかくは出向いてみなければならない。


in_shioya.jpg間口の狭い店内をくぐると、手前に6人用のテーブルと奥に6人くらいのカウンターがあり、その間に6人用の座卓が2つある座敷がある。メニューは、炙り三枚肉の沖縄そば550円、炙り軟骨ソーキそば650円、テビチそば650円、半そば450円に、ジューシー・もずくに半そばのセット650円にいなりとジューシーとシンプル。
menu_shioya.jpg味は塩と醤油の2種類から選べ、塩は、雪塩とシママースをブレンドしたものだそうだ。醤油は、日本が世界に誇る醤油とか書いてあるけど、どんな醤油とか鰹節とかの表記は特にないようだ。まずは、最初の店で注文する三枚肉で塩をチョイスしてみることに。

sanmainiku_shioya.jpg

これがあぶり三枚肉の沖縄そばの塩550円。軽く炙った三枚肉が3枚にかまぼこ2枚にネギのトッピング。スープは、まろやかであっさりとした塩味。くどさはなく、しっかりとした味けど、出汁は弱めかなって感じだろうか。sanmainiku_z_shioya.jpg麺は透き通ったような色をしていて、中太の平麺でやや厚目でツルツルした食感。だけど噛んでみるとごわっとした食感だ。私が好きなごわっとしたのとはちょっと違って、噛むと潔くプツンと切れるのではなくて噛んだそばから麺が元に戻ろうとしてごわごわっとあばれる不思議な食感だ。もちもちっと言うのともまた違う。これはかあり好みが分かれるとこかもしれないなぁ。この麺にはあっさりの塩味よりは、醤油味の方が相性がいいかもしれない。

spice_shioya.jpg炙り三枚肉は、注文したあとに厨房の方でゴォーって音が聞こえたので、バーナーで炙っているんだろうと思うけど、かなり弱めの炙りみたいだ。厨房からはいい香りが流れて来ていたのだけど、だされた時には余り香ばしい香りはしない。薄めなので柔らかいけど脂抜きはあまりしてないのかちょと硬めで脂が美味くなかったのはちょっと残念。


fasard_shioya.jpg沖縄そば 塩家
住所:那覇市松山2-10-13 沖商マンション1F
電話:098-868-7055
営業:11:00-17:00頃まで ※1日100食限定、売り切れ次第終了
定休:なし



年越し生沖縄そば




riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→

posted by rio at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック