2007年12月23日

萬福楼

gomokuramen_zen_nmanpuku.jpg閉店したのかと残念に思っていた萬福楼が与那原に移転して再開したって話を聞いて、昨日行ってみたのだけど、あいにくと中休みの時間だったので、今日再度、お昼過ぎに出かけてみた。行く途中に西原の内間交差点近くにも豚骨らーめん「じゃん」ってがオープンしているけど、今年は新しいお店が続々と開店したもんだな。


in_nmanpuku.jpg萬福楼は、与那原の三叉路から少し佐敷方面に行ったところにある。店の裏手に6台程クルマを停められる駐車場がある。こぢんまりとした店内には、4人が座れるハイカウンターに、4人用のテーブルが3つに、6人程が座れる円卓が奥にある。この店は、最初は宜野湾の喜友名にあってリーズナブルな中華レストランで何度か訪れたことがある。しばらくして突然の火事で閉店したのだけど、2年程前に南風原に同じ名前の店を見つけ、同じ方だと分かり、再会を果した。しかしその後、ご主人が急にお亡くなりになられ、しばらくして再開したもののまた閉店したと聞いて残念に思っていたところだった。店内には、ご主人の写真や、いろんな方の色紙なども飾られていて当時を懐かしむこともできる。

menu_nmanpuku.jpgメニューは、前に比べて少なくなって、麺類や、前から名物のラフテー丼などが中心。考えたらここではラーメンは一度も食べたことはないかもしれない。一品料理や焼きそばは何度もあるんだけど。と言うわけで今回は、ラフテーラーメンにも惹かれるんだけど、ラフテー丼は食べたこともあるので、野菜がより一杯入っている五目ラーメンをチョイス。バナナチーズ餃子ってのにもいたく心惹かれるものがあるけど、今日はちょと我慢だ。

gomokuramen_nmanpuku.jpg

gomokuramen_z_nmanpuku.jpgこれが、五目ラーメン650円。自家製の豆板醤の入った容器と大根甘酢漬けが付いてくる。見た目は、かなり濃そうな感じだ。しかし一口飲んでみると、ちょっと舌に残る甘味が気にはなるけど、意外にあっさりとした透明感のあるスープ。麺は、細麺で、なめらかな食感のストレート。柔らかいのだけど、ちょっとした弾力もあり、スープの絡みも悪くない。具は、片栗粉でコーティングされた豚肉、人参、キクラゲ、タケノコ、シメジ、白菜、チンゲンサイに、ニンニクの芽をネギなど。タケノコが分厚くて、食感がとてもいいし、シメジのつるっとしたとこもいい。
toubanjan_nmanpuku.jpgそれに輪切りにされたニンニクの茎が時々スープとともに口のなかでシャキシャキと弾ける食感が楽しい。自家製の豆板醤を、途中で加えると、風味と絡みが甘めのスープに加わりアクセントになっていい感じになる。ただしかなり辛いので、少しづつ様子を見た方がいいと思う。ボリュームはそれほど大きい方ではないので、濃い目の味だけどするっと胃の中に入っていく。ちょうどいい感じ。餃子とのセットとかもあれば、なおいいかもだな。値段的に両方注文するのは辛いしね。

staff_s_nmanpuku.jpg会計の際に、女将さんが憶えていてくれたようで、しばし談笑。とても気さくで楽しい方で、親戚の方たちと協力してご主人の味を守ろうとしているそうだ。ちょうどこの日、じょーとーTVで紹介されるってことだったので、帰ってからテレビをつけたらちょうど紹介されている最中だった。次回は、ワンタンとバナナチーズ餃子は絶対食べてみたいぞ、と思った私だ(^^

南風原時代の萬福楼の上海焼きそばの記事
南風原時代の萬福楼のラフテー丼の記事


fasard_nmanpuku.jpg中華創作料理 萬福楼
住所:島尻郡与那原町字与那原587
電話:098-944-0328 (予約専用:090-6862-6519)
営業時間:12:00-15:00 18:00-20:00
定休:木曜日


行率のできるラーメン店の味がここに集結



riolog.jpg

人気blogランキングfクリックしてね!→

posted by rio at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 与那原町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック