2008年02月23日

家器の木のバジルそば

bajirusoba_zen_kakinoki.jpg家器の木は、宜野湾の愛知にある住宅街の奥、まつぼっくり公園の入口にある住宅の一部を改造したそば屋。大将とその奥さん二人で切盛りしているアットホームな店だ。6人位座れるカウンター席と8人位が座れる座卓が3つ程ある座敷だけのお店だ。

in_menu_kakinoki.jpgホントウは、ティビチそばが食べたいなぁとか思って来たのだけど、前回ソーキそばを食べた時に気になっていたバジルそばが、やっぱり気になってしまってそれを注文してみた。
麺は固めでお願いしてみた。

bajirusoba_kakinoki.jpg

これがバジルそば550円。スープは、ほんのりバジルの香りがする、とてもあっさりとした味。bajirusoba_z_kakinoki.jpg麺は見たとおり、細めの縮れ麺で、バジルを練りこんであるせいか、ちょっとねっとりした食感。固めって言っておいて正解だったかも。三枚肉は、やや甘く味付けされていて、サクッと柔らかく昔のそばの具って感じがしていいかな。もう少しバジルの香りが強いのかなと思っていたけど、意外とあっさりとしていて、それ程個性的って感じではないかも。

家器の木の過去記事
ソーキそば三枚肉とティビチそば

fasard2_kakinoki.jpg家器の木
住所:沖縄県宜野湾市愛知294-3
電話:098-893-3003
営業:11:30〜売り切れまで
定休:水曜


【送料無料】沖縄で食べたあの味をご家庭で・・・「本場の生麺・スープ使用の本格沖縄そば5人前」


riolog.jpg

人気blogランキングf

posted by rio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宜野湾市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック