2008年04月01日

がんじゅう家

ramen_zen_ganjuya.jpg市場ラーメン・がんじゅう家は先月末にオープンしたばかりの武蔵家グループの4店舗の店。武蔵家はグループではあるけど、それぞれが個性的なラーメンを出すので今回の店も楽しみだ。場所は公設市場横のすぐ近くにあり、350円ソーキそばの向かいと言えば分かる人はすぐ分かると思う。

ただ分からない人は、ちょっと分かりづらい場所でもあるかも。まぁ人に聞きながら捜してみるのもいい。この界隈は市場特有の雰囲気があり散策するのも楽しいと思う。

vending_ganjuya.jpg in_counter_musashi_ganjuya.jpg

開放的でこぢんまりとした店はL字型のカウンターに7席程。今回はサーファーっぽい雰囲気の手作り感溢れるものだ。聞けばほとんどの内装は、仲間に手伝ったもらい4カ月かけて作り上げたそうだ。券売機は業者がオリジナルで作ってくれたと言う可愛らしいサイズでデザインも雰囲気があっているなぁ。メニューは基本的にラーメンとトッピングのみ。市場を意識してだろうか500円と割安感をだしている。初めてだしトッピングはなしの普通のラーメンを注文してみた。

ramen_ganjuya.jpg

ひょうきんな大将自ら作ってくれたのがラーメン500円。シンプルな見栄えだけど、大きな肉の塊が目を惹く。さっそくスープを。こってりに見えたけど、意外とあっさりとしていて美味い。これでもかって感じの魚粉も粉っぽさは少しもなく味に深みを与えていていいと思う。武蔵家の超こってりとは一線を画しながらも、個性的だ。

ramen_men_soup_ganjuya.jpg

麺は、中細のちぢれ麺で、私の好きなツルシコ系。与那原のたつぞうのちぢれ麺に似ていると思ったら、同じY食品で作ってもらっているそうだ。このY食品は、最近はラーメンの麺にも力を入れているようで、これからが楽しみだ。ラーメンフリークのためにもスーパーなどでもラーメンの麺を売って欲しいものだと思う。現状は中華麺はほとんど売ってないからね。

肉は、豚のハラミ。牛のそれはよく目にするけど、豚は珍しいかな。本ソーキと軟骨ソーキの中間のような食感もするけど、柔らかくクセもなく煮込まれていて美味い。結構ボリュームもあるので、一つでいいからその代わりに、青菜か茹でキャベツとかが同じ値段であればバランスもいいんじゃないかなぁと思う。肉を食べたい人はトッピングで増やせばいいものね。ってな訳で完食。魚粉がいっぱい残るのだけど後味は決して悪くない。市場に来たら沖縄そばにするかラーメンにするか迷いそうだなぁ。

ramen_fin_ganjuya.jpg今は11:00-17:00と言うちょっと中途半端な営業時間だけど、4月いっぱいは、これで様子を見るそうだ。夜は居酒屋っぽい雰囲気にするとか、場所柄、朝早くから営業すると言う考えもあるみたいなので、早朝ラーメンをいただけるようになるかもしれない。それはそれでなんとも悩ましくはあるけど(笑 またメニューも様子を見ながら改良が加えられていくと思うので、ともかく楽しみな店がまた一つ増えたね。

武蔵家グループの過去記事。
武蔵家のチャーシュー麺波蔵のなみぞうラーメン波蔵の冷し担々麺SAKURAのつけ麺1つけ麺2夏麺つけ麺3SAKURAのラーメンSAKURAでラーオフ波蔵の塩ラーメンがんじゅう家2

fasard_ganjuya.jpg市場ラーメン がんじゅう家
住所:那覇市松尾2-10-20
電話: 098-862-3880
営業:11:00-17:00(5月以降は変更あり)
定休: 4月は日・月




riolog.jpg

人気blogランキングf
posted by rio at 23:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 那覇市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしかしたら、rioさんとニアミス?小学生の息子と二人でがんじゅう家にお邪魔して、こちらの食事が終わりそうな頃にラーメンの前で鋭く1眼レフを構えている方がいらっしゃいました。もしかしたら、とは思いましたが唐突に伺うのも不躾けかと思い、気にはしつつ店を出ました。勘違いでしょうか・・・?
Posted by 黒剣龍 at 2008年04月02日 11:30
4/1の14時過ぎですよね?
憶えていますよ。黒剣龍親子だったんですね(^^

息子さんが、帰り際に、今度来た時は、もっとタマゴを食べるんだってこと言ってましたよね。帰ってから友人に教えてもらったのだけど、タマゴは注文すると食べ放題だったんですね。次回は食べるぞ〜(^^
Posted by rio at 2008年04月03日 07:20
いやあ、親子揃って食いしん坊で、お恥ずかしい限りです。(^^;
次回どこかでお会いするようなことがあればご挨拶させてください。
こちらのページ(ブログ?)もちょくちょく拝見させて頂いてて、4/2の昨日は
ついにSt Vincentにもお邪魔し、美味しい料理を堪能いたしました。
いつもrioさんの情報を楽しみにしています。
Posted by 黒剣龍 at 2008年04月03日 21:55
こちらこそ、よろしくです(^^
おお、サン.ヴァンサンにいかれましたか?
ラーメンもいいけどフレンチも美味いですよね。
お味はいかがでしたか?
Posted by rio at 2008年04月04日 13:06
お返事が遅くなりましたが、久しぶりに美味いフレンチを頂きました。何というか、沖縄ではなかなかフレンチのお店が定着しづらいのか、私の限られた食歴(?)のなかでは豊見城の「バナナハウス」、砂辺の「ふらんす食堂」、宜野湾の「ラ・フランス」と気に入った所が相次いでなくなっている感じです。ラーメンと違ってフレンチは食事の際、それなりに時間を見なくてはいけないところもあって、そう頻繁に行ける訳ではないのですが、応援したくなるお店ですね。
Posted by 黒剣龍 at 2008年04月10日 00:04
バナナハウス!懐かしい。宇栄原に住んでいた頃行ったことがあります。確かBAR DICKとオーナーが一緒じゃなかったかな?
ハンバーグを食べたことがあるけど、でっかかったなぁ(^^
ふらんす食堂は、美味いそば屋になってるけどオーナーは昔からの知り合いだったりします。弟さんが大山でkoba'sと言うフレンチやってますよ。
koba's http://okiguru.seesaa.net/article/31163154.html

ラ・フランスは知らないけど沖国近くのビストロ・シラノhttp://okiguru.seesaa.net/article/62161307.htmlもリーズナブルなフレンチですね。

サン・ヴァンサンと同じ位好きなのはそばぁーじゅですね。http://okiguru.seesaa.net/article/87658227.html
Posted by rio at 2008年04月10日 08:20
Posted by rio at 2008年04月10日 08:21
早速のお返事ありがとうございます。ラ・フランス(?)というのは、現在「大勝軒沖縄店」のあるまさにその場所にあったフランス料理店(ビストロ?)の事ですが、名前が違ったかな?ところで、フレンチの店も実はなかなかあるんですね!私がたまに洋のランチをいただく店は、もしかするとご存じかも知れませんが、浦添の内間のベスト電器裏手の小さなロータリー沿いにあるトラットリア・コンタディーナです。以前はディナータイムもあったのですが、今はランチのみになっています。イベリコ豚の生ハムも美味いし、牛ホホ肉なんかの始末も上手で、こちらのほほまで始末されてしまいます。(^^; 職場から近いので、時間に余裕があるときは利用させていただいてます。兄弟二人できりもりしているのかな?とにかく二人とも感じが良くて居心地の良いお店です。
Posted by 黒剣龍 at 2008年04月11日 00:21
あ、そういえばフレンチらしき店がありましたねぇ。入ったことないですが何となく憶えがあります。

コンタディーナには2年程前のディナーで2度程行ったことがあります。最初に食べたイベリコ豚がとても美味かったですし、オーナーの友人が待機してくれていて最後にカンツォーネを歌ってくれたのにはびっくりでした。一緒に行ったイタリアンのてだこ亭(がんじゅう家の近く)の方もイタリアの家みたいと言ってましたね。
2度目は魚メインだったけど、この店は魚の扱いより肉のそれが得意そうだなと思った憶えがあります。ランチもいいらしいからそのうち行こうと思ってたんだけどディナーなくなったんですか。
でもランチだけってのも珍しいですね。

1度目は、http://okinawaweb.way-nifty.com/express/2005/12/post_1cf5.html

2度目は、http://mixi.jp/view_diary.pl?id=103059120&owner_id=688(mixi会員であればご覧になれます)
Posted by rio at 2008年04月11日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック